サントスの日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 取材規制の都民ファースト「ちょっと感じ悪い!?」

<<   作成日時 : 2017/08/23 05:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あの中村彩氏も苦言 取材に「無回答」の都民ファは「議員として何がしたいのか」(J-CAST)

https://www.j-cast.com/2017/08/09305475.html?p=all

「なんで議員になったんだろう、都民ファーストの会の人たち」と疑問を呈したのは、自民党から東京都議会議員選挙に立候補し、落選した中村彩氏である。

発言は、都議を対象にマスコミが実施したアンケート結果へのものだ。「安倍政権を評価するか」などを質問しているが、都民ファーストの会(都民ファ)所属議員の53人中50人が「無回答」となっており、この回答姿勢にはインターネット上でも否定的な声が少なくない。

・・・・一部引用
  毎日新聞2017年8月7日朝刊によると、同紙は7月の都議会議員選挙に当選した議員を対象に、「安倍政権を評価するか」「憲法改正に賛成か」を聞き取り、都議127人のうち都民ファ所属の2人を除く125人が返答した。

ところが2つの質問いずれも、都民ファの53人中50人が「無回答」だった。そのほとんどが無回答の理由として「都議として都政に専念する立場であり、国政についてのコメントは控える」と書いていたという。また、公明党の23人、自民党の22人、共産党の19人、民進党の5人は、2つの質問いずれも党ごとに偏りがあったが「無回答」はいなかった。

・・・・一部引用

【報ステ】都民ファーストの会“情報公開”は?(テレビ朝日)

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000108300.html

 情報公開を訴え続けてきた都民ファーストの会の新人議員が「事務局から止められていて、取材を受けることができない」と“取材規制”を受けているような対応が多くみられている。そこで、番組では都民ファーストの会の都議55人全員にアンケートを実施し、44人から回答を得た。“取材規制”について「取材規制ではない」と答えた32人のうち22人の回答が、ほぼ同じような文言だった。小池知事が辞任してから開かれていない“代表の定例会見”については、44人中27人が一様に「野田代表が随時、取材対応を行っている」と答えた。ある都民ファーストの会の都議は「幹部は箝口令(かんこうれい)を敷いて批判されるマイナスより、失言しないメリットの方が大きいと考えている」と話す。こうした状況について、野田数代表は「取材の要望を取りまとめているだけ。規制はしていない」とコメントしている。

・・・・以上引用

 豊洲移転の委員会の設置に反対したり、議員の発言規制をしたり、これでは安倍独裁の自民党と変らない、小池独裁ではないか?

 私は、都民では無いのでどうでも良い事だが・・・

 日本ファーストと言われると話は別だ。・・・この党が「小池ファーストの会」とならないか心配だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
取材規制の都民ファースト「ちょっと感じ悪い!?」 サントスの日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる