サントスの日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 健全な世論、拙速な改憲発議に7割がNO!

<<   作成日時 : 2017/12/15 23:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 来年の改憲発議、反対7割=内閣支持42%に減少−時事世論調査(時事通信)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121500764&g=pol

 時事通信が8〜11日に実施した12月の世論調査によると、憲法改正の発議を来年1月召集の通常国会で行うべきかどうかについて、「反対」が68.4%と7割近くに上った。安倍内閣の支持率は前月比2.8ポイント減の42.6%、不支持率は同1.0ポイント減の36.1%だった。

 来年の改憲発議について、「賛成」は20.9%。これに対し、「改憲を急ぐことに反対」が51.3%、「そもそも改憲に反対」が17.1%で、反対意見の合計が賛成を大きく上回った。自民党支持者でも反対が50.6%と半数を超え、賛成は42.9%だった。

 改憲で優先すべき項目を複数回答で聞いたところ、「国民の知る権利の拡大」が36.0%で最も多く、「教育無償化」35.9%、「緊急事態条項の創設」28.3%と続いた。安倍晋三首相が意欲を示す「9条改正」は20.8%だった。「内閣による衆院解散権の制約」は13.8%。

・・・一部引用

 世論はゆっくり考えたい、少なくとも9条は後回しで構わないというのが本音のようだ。

 立憲民主も、枝野さんが重要であると言う「内閣による衆院解散権の制約」はあまり重要な課題と思われていない事もおさえるべきだろう。

 先ずは拙速な発議はしない・・・、これを野党の共通認識とすべきであろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健全な世論、拙速な改憲発議に7割がNO! サントスの日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる