サントスの日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 信州製糸業の遺産「片倉館」

<<   作成日時 : 2018/02/11 07:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 信州の製糸業と言えば「ああ野麦峠」に代表される過酷な労働条件が思い出される。

 確かに1日13〜14時間に及ぶ長時間労働は、今、思えば立派なブラック企業だ。

 そんな中、諏訪にあった片倉工業は、女工さんの教育施設や診療所・娯楽施設も備えた工場を作り、今で言えば福利厚生を充実させた会社と言われる。

 その跡は、国から片倉が経営を引き継いだ、群馬に富岡製糸場に見ることが出来るが、諏訪では保養施設である温泉に今も入ることができる。

 この温泉は、ヨーロッパの温泉保養地を模して作ったようで、少し深めの湯船は、広々としていて気持ちがよかったです。(温泉の写真は借り物です)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信州製糸業の遺産「片倉館」 サントスの日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる