「独島パフォーマンス」への処分

この二枚の写真は、「独島パフォーマンス」で処分を受けた朴鍾佑の試合終了後の姿です。
 一枚は、有名になってしまった「パフォーマンス」の写真、そしてもう一枚は、敗戦に落胆した大津選手に声を掛け、手を貸している姿です。
 二人とも、同じ朴鍾佑選手です。・・・人間とはこう云うものです。・・・若さとはこう云うものです。
 この二つの行動ともに、当に「偶発的」な行動です。

 観客席から渡されたプラカードを考えも無しに掲げてしまった行動は、処分の対象となって当然です。
 そして現に、彼は、FIFAからは、2試合の出場停止と罰金、IOCからは、銅メダル授与の保留(今回解除)と譴責、更に、韓国チームには再発防止のプラン提示の要求がありました。

 同じことがまた起こったら、更に強い措置が望まれても仕方は有りませんが、今回はこれで十分だと思います。

 但し、IOCの処理の遅さは、日本には処分の軽さ、韓国にはメダル授与の安堵感・・、と云う、チグハグな結果を招いてしまった責任は有ると思います。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック