映画「八日目の蝉」

画像
画像

◎優しかった「母親」は、誘拐犯だった。

 4歳まで、慎ましいならがも幸せな生活を続けていた母子家庭・・・、実は、不倫相手から奪った子供と誘拐犯の「関係」だった!
 突然、「母親」を奪われた(誘拐犯の逮捕で)恵理菜は、新しい(本当の)家庭生活に馴染めないまま成長して行く・・・
 そして、恵理菜は「薫」(誘拐されていた時の名前)だった時代の自分の足跡を辿る。

 偽りの幸せを享受させてくれた小豆島でのラストが泣かせる!

 ※つい2週間前に訪れた小豆島の芝居小屋が、ロケ地だった事に驚かされました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック