若成田の挑戦!「 壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)」

 海老蔵さんの正月公演は、演舞場で 壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)です。
 この狂言は、歌舞伎十八番の内の所謂「景清もの」と言われる「景清」「関羽」「鎌髭」「解脱」の四つの演目を纏めたもので、当に「一粒で四度美味しい」内容になっています。

 成田屋の親方を失って迎える新春・・・、普通の家なら喪中であるはずが、芸の道にあるものはそれも許されず、「壽(ことほ)」がなければならないのは、中々に厳しい世界と言えるでしょう。
 そこを若成田は、お家の芸を発展させる演目で挑んで行きます。・・・本当に頼もしい限りです。

 その他にも、浅草では、昨年で卒業?と思われた澤瀉屋が「やっぱり」若手の一翼を担うべく舞台を務め。
 大阪では、七之助さんが、国宝の薫陶を受ける舞台に立ちます。

 ただ、チョット物足りないのは、勘九郎さんの新劇の舞台・・・、とも思いましたが、それも修行の一つでしょう。七月には、ニューヨークが待ってます。

 新たに、歌舞伎界の大黒柱になって行かなければならない花形役者達・・・、頑張って欲しいです。

 ※勿論、福助さんの事も忘れてはいません。・・・ただ、彼は、もう若手ではありませんから・・・、でも、一日も早い回復をお祈り申し上げます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック