読書「なぜ時代劇は滅びるのか」(春日太一著 新潮新書)

時代劇をこよなく愛する故の苦悩に満ちた評論です。

現在、民間放送が「枠」として設けている連続時代劇は、「水戸黄門」を最後に壊滅しました。更に、映画の世界でも、時代劇の制作は激減しています。その事によって、時代劇に関わる人も減少し、何よりも時代劇造りのノウハウを伝承する手立てが無くなって来ていることが由々しき問題となっています。

どうしてその様になってしまったか?本書では、制作現場の問題、スポンサーの問題、見る側の問題、役者の問題等々、多角的に時代劇を捉えています。

私の気になった点を箇条書きしてみます。

・時代劇ファンの高齢者(購買力の低い)化が、スポンサー離れを起こす。
・時代劇ファンを増やそうとして、基本の出来てないアイドルが主役を演じるようになる。
・主役を支える脇役の人材が枯渇し初めている。
・劇団や映画会社が時代劇俳優の養成所にならなくなっている。
・映画スタジオ(京都)には、まだまだ力のある職人が居るのに仕事無ない。
・京都無しでも、鶴岡や茨城で時代劇が出来てしまう。
・時代考証に拘り、現場も観客も窮屈な状況に映画やドラマを追い込んでしまっている。

等々・・・、いちいち尤もなお話しと、知らなかった事など、とても興味深い本でした。

確かに、今、本当に時代劇を見ようと云う気が起こりません。大河ドラマも「竜馬伝」以来見ていないし、映画も藤沢周平のものか海老蔵さんが出るから見る・・・、という程度です。
元々、時代劇は大好きだったのに・・・、どういう事か?この本を見て分かるような気がしてきました。

ただ、今、公開の「るろうに剣心」はそこそこお客さんを呼べそうです。
「荒唐無稽」・・・良いじゃないですか!時代劇のジャンルとしては昔からそれは「有り!」です。家光の首を抱えて萬屋が「夢じゃ!夢じゃ!・・・」と言ったのも(柳生一族の陰謀)、ジュリーが自分の首を抱えてにやりと笑うのも(魔界転生)、私達は軽々と許容してきました。
ここは、漫画でも、アイドルでも、何でも良いので、時代劇の火が消えないようにしてもらいたいものです。
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック