日本橋界隈(清渓川を見習うべきかな?)

日本橋は家康の江戸五街道整備の要となる橋です。

 五街道とは、東海道・奥州街道・中山道・日光街道・甲州街道の事です。
 現在の日本橋は、国道1号(大阪行き)、4号(青森行き)、6号(仙台行き)、14号(千葉行き)、15号(横浜行き)、17号(新潟行き)、20号(長野行き)の起点となっています。

 この橋の周辺は、日本の経済の中心地となり、庶民的なものでは、魚河岸が出来たり、三越・高島屋といった百貨店や「にんべん」「山本海苔」「榮太樓」等々の百年を軽く越える老舗が本店を構えています。

 更に、近くには証券取引所や日銀本店もあります。

 そんな、経済と交通の中心地日本橋・・・、橋自身は、明治の生まれの19代目、橋の真ん中に「聖獣=麒麟の像があります。
 この麒麟には、本来存在しない翼があり、空の鳳凰・陸の麒麟と云う聖獣の2代王者の構図を打ち破る、まさに聖獣の王者としての風格を魅せています。

 ただ、橋の上には首都高が通り、常に日当たりの悪い環境にある事は、少し残念です。ソウルの中心地「清渓川(チョンゲチョン)」が、川の上を走っていた道路を撤去してしまい、今は市民の憩いの親水公園になっている姿をみると、見習ったほうが良いと思ってしまいます。

 現在も、橋のたもとには三越の本店がありますが、最近「コレド室町」と云う商業施設が出来、東京や全国の名店の味や多国籍のお店が集まり、中々の賑わいを見せています。

 昨日は車で行ったのですが、食事と買い物で6千円以上使えば、2時間駐車料金が無料になる特典もあり、ゆっくり楽しむ事が出来ました。

 写真は、日本橋の麒麟・三越本店・コレド室町等です。

画像


 
画像
画像
画像
画像
画像


コレド室町
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック