朝鮮人特攻兵への健さんの思い「ホタル」

 2001年封切「ホタル」(監督:降旗康男 主演:高倉健 助演:田中裕子 奈良岡朋子 井川比佐志 小澤征悦 小林稔侍 他)

 昭和から平成に変った年、特攻隊の生き残り藤枝(井川比佐志)が自らの命を絶った。同じ立場であり、戦友でもあった山岡(高倉健)は、その死の意味を考える。
 そんな、時、特攻隊の「母」と呼ばれ、隊員の心の支えになっていた知覧の食堂の女将・山本富子(奈良岡朋子)から、藤枝と山岡の先輩で、特攻で戦死した金山=キム・ソンジェ(小澤征悦)の家族に遺品を届けるように頼まれる。
 実は、山岡の妻知子(田中裕子)は、キム・ソンジェの許嫁であった。戦争について多くを語らなかった山岡は、藤枝の死をきっかけにこのままでは行けないと思い、キムの故郷・韓国を訪ねる。

 「日本のせいで朝鮮人が死に、生き残った日本人がなにをしに来た」「キム・ソンジェが日本の為に死んだなど認めない」・・・、家族の言葉が突き刺さる。
 しかし、山岡は、キムの最後の言葉「私は大日本帝国の為に死ぬのではない。朝鮮民族と知子の為に死ぬのだ」と言う言葉を伝えて、キムが最後の夜に歌った「アリラン」を聞かせる。すると、車椅子に乗った老婆が山岡のもとに・・・。


 高倉は多くの映画に出演して来たが、それ程政治的なメッセージを持つ作品には出ていない。時に、昭和の動乱期の兵士(動乱)を演じたり、権力に歯向かう検事(きみよ憤怒の河を渡れ)や元自衛隊員(野生の証明)を演じているが、国家や民族を背負ったヒーローと言うより、愛する者を守るために死地に向かう人間を演じている。

 この映画でも山岡は、国家や国民と云う視点に立つことは無い。あくまでも、山岡個人が人としてどうあるべきかを問う。そして、・・・それが良い!

 心ならずも、国家の大きな過ちに巻き込まれてしまった隣人の死を前にして、人として何を思うか?健さんは正しい振舞いを見せる。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック