良いね!韓国の大人の対応「桜の起源」

桜の起源が何処か?韓国では結構真剣に話されているようですが、はっきり言って不毛です。

これは、この論争に一石を投じる中央日報のコラムです。

これだけ分かってくれれば十分でしょう・・・

画像


【コラム】サクラの原産地論争に意味がない理由=韓国(朝鮮日報)

http://japanese.joins.com/article/553/198553.html?servcode=100§code=120&cloc=jp

・・・・・・・・・・・・・・
原産地がどこであれ、昔からサクラの花への愛が最も強いのは日本だった。だから最近中国まで加勢して三国志になってしまったサクラの原産地論争は植物学的には意味があっても文化的には格別な意味はない。私たちの祖先はサクラの花より別の春の花をはるかに愛した。チョン・ギの「梅花草屋図」で士人が雪のようなウメを鑑賞し、申潤福(シン・ユンボク)の「年少踏青」で妓生と粋人が赤く咲き誇るツツジを楽しむが、サクラの花を見物する絵は見たことがない。これに対しサクラの花が登場する日本の浮世絵は数えられないほど多い。

そのためサクラの花が済州島原産であることを掲げて韓国の伝統でないサクラ祭りをはっきりしない民族主義で包装するのは自己欺瞞だけのことだ。対案は2種類だ。民族主義精神を潔癖症的に発揮してサクラ祭りをすべて廃止するか、そうでなければサクラの花と民族主義的原産地論争の連係を断ち切り、花見が日本から来たことを認めた上で、韓国式に創造的に発展させサクラ祭り文化の主導権を握るかだ。
・・・・・・・・・・・・・・以上引用

ただ、それでも「さくら祭り文化の主導権」と云う表現には、なお違和感が残りますが・・・(笑)本家としては、鷹揚にかまえませう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック