WOWOW時代劇「ふたがしら」は良かった

 「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」をモットーとした盗賊集団「赤目」・・・、その頭目・辰五郎(国村準)が死んだ。
 後を託されたはずの宗次(早乙女太一)と弁蔵(松山ケンイチ)・・・、しかし、遺言には甚三郎(成宮寛貴)の名前が・・・

 非道の限りをつくす甚三郎の新しい「赤目」・・・、そこを抜け出して辰五郎の遺志を継ごうとする宗次と弁蔵・・・、対決の決着は???

 全5回・・・、このコンパクトさが良い!3が月1クールに当てはめなければならない民放には無い、WOWOWならでは設定だ!

 そして、早乙女・松山・成宮・・・、三者三様のイケメン振りが際立つ!更に、後半に出て来る、大阪の盗賊の頭・鉄治郎を演じる橋本じゅんが、普段見せない落ち着いた良い味を魅せている。

 時代劇のジャンルである股旅モノと盗賊モノを合わせて、しっかりと現代的なエッセンス(劇団☆新幹線の中島 かずきの本が良いのだろう・・・)も入れて出来上がった「ふたがしら」・・・、痛快でした!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック