目黒雅叙園「和の明かり×百段階段」

 目黒雅叙園には、昭和10(1935)年に建てられた木造建築があり。 食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。 階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

画像


 その各部屋に、現在「和の明かり」をテーマにしたイルミネーションが施され、美しい部屋を一層、雅に引き立てています。

 
画像


 【葛飾北斎のあかり ~葛飾北斎の「浮世絵あかり行燈」】十畝の間

画像


画像


画像


【祭りのあかり ~青森県・青森市「青森ねぶた祭」】漁礁の間

画像


画像


【夏のあかり ~江戸風鈴とアートの竹林】草丘の間

画像


画像


【暗闇に浮かぶ月のあかり ~アートの月が見せる暗闇のあかり 美術家 中里繪魯洲の世界】静水の間

画像


画像


【草木のあかり ~造形作家 川村忠晴の世界】星光の間

画像


画像


画像


【和紙のあかり ~岐阜県・美濃市「美濃和紙あかりアート展」】清方の間

画像


画像


画像

画像


【提灯のあかり ~山口県・柳井市「柳井金魚ちょうちん祭り」】頂上の間

画像

画像

画像


このイベント9日までです。
https://www.megurogajoen.co.jp/event/wanoakari/introduction.html/

https://www.megurogajoen.co.jp/hyakudankaidan/#juu


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック