良くも悪くも韓国だ!「女優たち」(韓国映画)

 映画「女優たち」(ムンクルピクチャーズ、イ・ジェヨン監督)は、韓国を代表する女優6人を擁したドキュメンタリー「風」映画です。

画像


 出演は、ユン・ヨジョン、イ・ミスク,コ・ヒョンジョン,チェ・ジウ,キム・ミニ,キム・オクピン!
 新旧・・・と言っても、第一線で活躍する女優たち。

 【左からキム・オクピン、キム・ミンヒ、チェ・ジウ、コ・ヒョンジョン、イ・ミスク、ユン・ヨジョン】
画像


 ストーリーは、クリスマスイブの日、韓国を代表する女優たちとしてファッション雑誌のグラビアを飾る為に、6人が集まりました。
 舞台は、その楽屋裏・・・、韓国ならではの年齢による「序列」を背景に、相手を「先輩」とか「先生」とか呼びながら本心では6人が6様にお互いを意識しあう・・・

 自分は誰かの代役として呼ばれたと思っているユン・ヨジョン(先生)・・・、先生とはまだ呼ばれたくない複雑な年代のイ・ミスク、日本で成功を収めているチェ・ジウに、先輩でありながら過剰な意識を抱くコ・ヒョンジョン、韓流スターとして忙しい日々を過ごすチェ・ジウ・・・、そして、先輩たちに気を遣うキム・ミニとキム・オクピンの若手女優。

 彼女たちは、自分自身を、役名もそのままに演じてゆきます。

 どこまでが本物でどこまでが偽ものか?どこまでが本心でどこまでが嘘か?

 特に、中盤、まるで韓国の「ドロドロ系」のドラマの様に罵り合うコ・ヒョンジョンとチェ・ジウは圧巻!

 このシーンは韓国紙「中央日報」で

 【映画「女優たち」コ・ヒョンジョンvsチェ・ジウ「演技ではない」】

http://japanese.joins.com/article/882/122882.html

 と、取り上げるほどの迫力・・・

 良くも悪くも韓国の文化・風習に裏打ちされた映画界を、女優たちがどう生きて来たか?そして、今、どう生きているのか?上手に描いて行きます。

 キャスティングとその女優たちが参加した脚本の妙・・・、そして、ドキュメンタリー感を上手に出したカメラ・・・、これは、韓国ドラマファン必見の作品です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック