韓国ドラマ「純情に惚れる」

化粧品会社会長秘書のキム・スンジョン(キム・ソヨン)は、自社の不正に関わる事件を捜査をしていた刑事で自らの恋人を殉職と云う形で亡くす。

画像


 一方、その化粧品会社の会長に復讐を果たそうとするカン・ミノは、自身の心臓移植をその刑事から受ける。

 スンジョンの側と対立関係に有った非情な復讐鬼ミノは、彼女の恋人の心臓を得ることに依って、肉体的にも精神的もある変化を遂げる。・・・そして、それはスンジョンへの恋心として表面化する。

 韓国ドラマに特徴的な、有り得ない偶然性や血縁関係に支配されたストーリー展開ではあるが、「慣れた」人にとってはたいして高いハードルでは無い・・・。
 それより、アイリス・アテナ・検事プリンセス等を好演して来たキム・ソヨン好き(私の事か?)には堪らないドラマとなっている。

 因みに、「純情に惚れる」とは少し妙な言い回しの題名だが、純情の発音がヒロインの名前スンジョンと同じだからの様だ。

 「ヒーラー」程の緊迫感は無いが、かなり面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック