Jリーグ・チャンピオンシップ放送について

ガンバVSサンフレッチェの一回戦…、TBSの放送に批判が集まっている。

 【JリーグCS決勝第1戦、わかりにくい地上波TV中継に批判相次ぐ(Yahoo!ニュース:フットボールチャンネル)】

 試合は一進一退の攻防が続き、後半アディショナルタイムに広島が2ゴールを奪って逆転勝利を収める、非常にエキサイティングなものだった。しかし、地上波の中継がその雰囲気に水を差したとしてファンやサッカー関係者からの強烈な批判を浴びている。

 第1戦の中継を担当したのはTBSだったが、実況担当のアナウンサーは広島での第2戦があることに全く触れず、「チャンピオンシップ決勝」と言い切ることで目の前の試合が優勝を決めるかのような放送を地上波で流した。

 前半が終わっても第2戦について言及されることはなく、広島がゴールを奪ってもそれがアウェイゴールであること、そして複雑なレギュレーションに関してのアナウンスはなかった。
 
以上一部引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 チャンピオンシップ決勝戦のレギュレーションはこうだ。

開催日:第1戦:12月2日(水)、第2戦:12月5日(土)

<試合方式および勝敗の決定>
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。

<優勝チームの決定方法>
2試合が終了した時点で勝利数が多いチームを優勝とする。

2試合が終了した時点で勝利数が同数の場合には、次の順によって決定する。

2試合の得失点差
2試合におけるアウェイゴール数
第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦
※延長戦では、アウェイゴールルールは適用されない。
PK方式
(各チーム5人ずつ。勝敗が決定しない場合は、6人目以降は1人ずつで勝敗が決定するまで)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アウェイゴールの法則や延長戦の扱い等、サッカーファンならそれ程特殊なものと感じないであろうが、第一戦目の結果を受けた、2回戦のシミュレーションを説明するのは当然だろう。

 第2戦がNHKの放送であることがこの不親切の原因だとしたら、TBSは「ちょっと感じ悪い」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プリプリちゃん
2015年12月03日 07:38
確かに今回のゲームを見ていてこれで優勝だと思ってしまった。何か分かりにくいシステムで、チャンピオンシップは、1回の方がすっきりすると思う。多分、TBSは他局の宣伝したくなかったのかも。

この記事へのトラックバック