冷静に見ても凄い試合でした

夜、遅かったのですが、興奮冷めやらず、5時半に起きて、VTRを見返しました。

 やっぱり、浅野選手が入るまで、韓国の方が「巧い」「早い」「強い」の3拍子揃ったサッカーをしていました。

 ところが、浅野選手が入った20分過ぎ、原川選手の中央突破からマイナス気味の浅野選手へのセンタリング・・・、これが良かった!まだ、やれると思わせる展開でした。

 そして、直後の2点!

 1点目は、高い位置で久保選手のディフェンスから矢島選手の、ここしか無いと言うスルーパス!相手が詰めてくる前にダイレクトで打った浅野選手のシュート!!!そして、喜ぶ姿もそこそこに「次の1点を取るぞ!」という姿勢・・・、この試合、初めて韓国より上に立った瞬間でした。

 2点目はその直後、中島選手のゆっくりとした上がりから、センタリング・・・、ここでも光ったのは浅野選手・・・、二人のDFを引き付けて潰れる・・・、そして矢島選手がフリーに・・・、余裕をもってヘッドで決める。

 逆転弾は、まさに速さの浅野が真骨頂を示す。カウンターから、一旦は久保選手のボールは跳ね返されるが、こぼれを拾った中島選手が韓国のDFの裏に・・・、それを浅野選手が絶妙のブロックで前を向き、シュート!!!
 早さと、そして、強さの逆転弾でした。

 浅野と言う選手は、Jリーグで敵のチームとして戦うと、本当に嫌な選手でした。・・・しかし、今日は、本当に頼もしい選手でした。

 サッカー韓国代表というチームは、親善試合であろうと、五輪出場が決まった後の試合で有ろうと、選手自身の言葉を借りれば、「いつも120%の力」で対戦してくれるチームです。日韓戦は・・・、まあ、名前を付ければ「対馬海峡ダービー」と言って良いでしょう。(「竹島ダービー」と呼ぶのは止めておきましょう)

 「碁敵は 憎しもにくし 懐かしし」・・・まさに好敵手ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック