好演、綾瀬はるか「精霊の守り人」

 上橋菜穂子さん原作の小説「精霊の守り人」実写版ドラマが今日から始まった。

 この小説の映像化は、世界的なアニメ制作会社プロダクションI.G.が手掛け、高いクオリティーを示しているだけに、並大抵の覚悟で出来るものでは無いが、NHKの力の入れようが良く分かる中々の出来だ。

画像


画像


 演出は、大河では「元禄繚乱」や「天地人」を手掛けた、片岡敬司さん。
 そして、主演のバルサは綾瀬はるかさん、帝に藤原竜也さん、トロガイに高島礼子さんと云う配役。・・・バルサの綾瀬さんは勿論、トロガイの高島さんの「汚れぶり」と、帝の藤原さん、二の妃の木村文乃さんなどの華麗な出で立ちが好対照で面白い。
 VFXは、VTRっぽさをなるべく殺して、フィルム映像の様に仕上げたところが良い!さらに、綾瀬さんの殺陣も中々の力量を魅せ、好感が持てる。・・・私は、バルサ役は、世界に目を向ければ、ミッシェル・ヨーさん、日本の役者なら余貴美子さんと思っていたが、この若々しいバルサも結構良い。
 子役に関しては、韓国ドラマを良く見ているので、やや稚拙に見えるが、まあこれも及第点は付けられる。

 日本の劇画を実写化して成功した例をあまり知らないが、これは原作が小説・・・、その点は、それ程の違和感は少ない。

 これから、3年間の長丁場だと云う事だが、I.G.のアニメ版を軽く越えて、ハリーポッター並に世界に羽ばたいてもらいたい作品だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック