夫唱婦随を演出する乙武の違和感

「不倫」には、される側にも非が有る。これはどうなんだろう?

 通り魔事件じゃないんだから、原因の一端が被害者にもある事は、不完全な人間が営む夫婦関係に於いては常識である。
 それを承知で、相手に大きな痛手を負わせる行為は、善悪の均衡を考えれば、加害者に非が有ると言うのは当然である。

 それにも関わらず、被害者も謝罪する。そして、その加害者が社会的に影響力が大きい人間の場合、何か事件が起これば「被害者にも非が有るのは当然」との風潮を広める事になりかねない。

 これは「いじめ」の構造と同じである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック