蜷川さんの死

 厳しい演出で知られた蜷川さんも病魔には勝てなかったですね。残念です。

 舞台は、映画の様に、その役者の最高の演技を繋ぎ合わせて作る事が出来ないから、常に一定水準以上の演技レベルを求める事は当然でしょう。それが、高いお金を払って見に来てくれる観客に対する礼儀だから・・・、それが厳しい演出の最大の理由だったのでしょう。

 シェークスピアから近松、井上ひさしや村上春樹・・・、ベテラン俳優や歌舞伎役者も使えばアイドルも舞台に上げる。多彩な演出家と言えばこの人以外には浮かばない。

 私の好きな作品・・・「NINAGAWA十二夜」「天保12年のシェークスピア」「ジュリアスシーザー」「ムサシ」「じゃじゃ馬鳴らし」「シンベリン」e.t.c.挙げたらきりが有りません。

 まだ、蜷川さんの演出を受けた役者さんが残っています。再演を繰り返しながら受け継いでゆくのは演劇の世界では難しいかも知れませんが、先ずは歌舞伎(十二夜)からお願いします。

画像

 
画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック