舛添「事件」何だこのヤメ検は!

「第三者の厳しい目」は、疑いを抱く都民に対して厳しい裁定を行った。

 元東京地検特捜副部長・・・、弁護士になったらこう変わったのか?検事の時代から権力に対してはこんなスタンスだったのか?・・・多くの人は前者だと思うかも知れないが、甘利問題を考えると、後者の様な気もする。

 ただ一つ言えることは、舛添にとっては良い弁護士だったという事だろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

プリプリちゃん
2016年06月07日 07:29
この弁護士は、ドリル小渕の政治資金問題も担当した「違法ではないが不適切」専門の弁護士らしいですね。

この記事へのトラックバック