憲法は押し付けられたのか?③(思考停止の政府案)

憲法研究会の優れた草案とGHQ草案への影響を示してきたが、ここでは日本政府が示した松本委員会案を少し見てみたい。

 【第一章 天皇】

一 第三条ニ「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」トアルヲ「天皇ハ至尊ニシテ侵スヘカラス」ト改ムルコト

(天皇の人間宣言を受けて文言を変えただけのこと)これは私のコメントです。

四 第九条中ニ「公共ノ安寧秩序ヲ保持シ及臣民ノ幸福ヲ増進スル為ニ必要ナル命令」トアルヲ「行政ノ目的ヲ達スル為ニ必要ナル命令」ト改ムルコト

(行政の目的と言えば何でもOK)

五 第十一条中ニ「陸海軍」トアルヲ「軍」ト改メ且第十二条ノ規定ヲ改メ軍ノ編制及常備兵額ハ法律ヲ以テ之ヲ定ムルモノトスルコト

(天皇が統帥権を持つ事は変わっていない)

【第二章 臣民権利義務】

八 第二十条中ニ「兵役ノ義務」トアルヲ「公益ノ為必要ナル役務ニ服スル義務」ト改ムルコト

(公益に兵役を含める事が可)

九 第二十八条ノ規定ヲ改メ日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ケサル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有スルモノトスルコト

(信教自由権の恣意的な制限が可能)

【第三章 帝国議会】
十三 第三十三条以下ニ「貴族院」トアルヲ「参議院」ト改ムルコト

十四 第三十四条ノ規定ヲ改メ参議院ハ参議院法ノ定ムル所ニ依ル選挙又ハ勅任セラレタル議員ヲ以テ組織スルモノトスルコト

(名前は変わったが、勅撰議員の存在を許す)

・・・・以上旧憲法と対比

私は、この草案が採用されなくて本当に良かったと思う。これこそ「思考停止」の最たるものである。

 それに比べて、GHQが「採用」した、憲法研究会による「憲法草案要綱」の先見性はまさに、新しい日本の姿を志向するものだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック