防衛大臣「靖国は15日に行くとマズイ」

稲田大臣は、そうは言えないので、ジブチ訪問を入れたのか?

一言で言えば「姑息」と言うことだ(笑)

稲田防衛相、13日─16日にジブチ訪問=防衛省(ロイター)

http://jp.reuters.com/article/idJPL3N1AT39J


「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」(「WiLL」2006年9月号での稲田議員の発言)

この様な時代錯誤・・・、それが今、防衛大臣です。

良く、平和主義者は、「平和ボケ」と言われますが、悲惨な戦争経験を前の時代人々からちゃんと受け継いで居ない稲井さんの様な人が、本当の意味での「平和ボケ」なのでしょう。

それでも、流石に、内閣総理大臣が行かないのに、「行く!」とは言えなかったのでしょう。

しかし、ただ行かないのでは如何にも中韓に屈した様で格好が悪い・・・、その為のジブチ訪問です。

忙しいときに視察を受け入れる隊員は良い迷惑ですし、無駄金はアデン湾の藻屑と消える分けです。





 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック