画像判定の必要性

ICチップボールは、クラブWカップの時は採用になっていのに、Wカップでは使っていないようだ。

 常に蹴られ、踏みつけられるボールにICチップを埋め込む事は信頼性が得られない・・・、確かにそうかもしれないが、それならゴールにカメラを配置して画像判定する「ホークアイ」の導入はどうだろうか?

画像


 テニスや野球・バレーボールでは画像判定への「チャレンジ」制度がある。サッカーで出来ない分けは無い。

 サッカーでは「誤審も判定」・・・、という非論理的な精神論・・・、と云うより運命論がまかり通っているが、それによって結果を左右される選手たちは可哀想だ。

 昨日の試合・・・、浅野選手のボールはゴール内にその全てが入っていた様に見えた。PKの判定は仕方無くても、目で見て明らかに出来る事には納得が行かないのは当然だ。

 さて、ゲームについて・・・、判定はさて置けば・・・、UAEはよく組織された良いチームだった。
 ひとりも10秒を切る選手が居なくても銀メダルを取った日本の陸上リーレーの様な事が、サッカーではしばしば起こる。
 個人的には、岡崎の交代には文句があるが、力負けと言われても仕方のない結果という事だろう。

 「初戦を落としたチームは本大会に進めない」・・・、馬鹿を言うな!何事にも初めてはある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック