那須・日光以外の栃木の旅

北関東3県は、「県の魅力度ランキング」でいつも下位に低迷している所です。先ず、茨城が堂々の最下位!そして群馬が下から3番目の45位・・・、那須・日光という知名度の高い避暑地と世界遺産を持っている栃木でさえ35位に低迷!

今回は、あえてその那須・日光以外の栃木の魅力を発掘しにやって来ました。・・・大袈裟だなぁ!

先ず、足利!足利と言えば「足利学校」・・・、とは言うもののその実態は何か?殆ど知りませんでした。
隆盛を極めたのは関東管領上杉家の庇護のもとに有った戦国時代!ここは兵法とト占(ぼくせん=占い)を学ぶメッカだったようです。
そうは言ってもやはり主要なテーマは儒学を中心とした中国思想を学ぶところ!今でも論語の素読が行われている様です。
「論議!」権力者が都合良く使うと封建思想の根幹となって仕舞いますが、ひとつひとつの言葉は味わい深くて悪くは無いですね。

「民は之に由らしむべし。之を知らしむべからず。」これがビジネスマンが一番心がけ無ければ成らない論語の言葉だそうです。・・・本当の自分を知ってもらう為に説明をしなければ成らないようでは「まだまだな!」・・・といった意味のようです。・・・その通りですね。

論語を今に伝える足利学校・・・良いです!

画像


画像


画像


画像


画像


画像


【此方はそのすぐ側にある足利家に縁のある鑁阿寺(ばんなじ)。大銀杏と国宝の本堂が見事です】

画像


画像


画像


足利!文化の香漂う良い町でした!

さて、次は佐野市!佐野と言えばラーメン!・・・勿論、食べましたが・・・、そうでは無くてこの人!

画像


環境問題に関する市民運動の「開祖」田中正造さんの生まれた町!そこには生家が残り、ボランティアの方の説明が聴けます。幸徳秋水さんの手になる有名な「天皇への直訴状」を見る(写本ですが)事が出来て・・・良いです!

画像


画像


画像


画像


画像


さて、そのあと「蔵の街・・・栃木市」・・・そして、宇都宮へ足を伸ばしましたが其は後日!

今日は・・・「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」の舞台となった大谷の採石場を周り、真岡に行こうと思います。

宇都宮・・・餃子の街・・・勿論食べましたが・・・ヤッパリ、「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」の舞台・・・雪の中、結局は義理より人情を選んだ健さんと池辺良さんが殴り込みに行くあのカット!・・・昭和の名作でしたね!・・・「異義無し!」の声が掛かるのも解る映画でした!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック