文豪の愛した熱海「起雲閣」

 起雲閣は、実業家で鉄道王と呼ばれた根津嘉一郎、また大正時代に海運業で財を成し、後に農・商相を務めた内田 信也の別邸を合わせて、最近まで旅館として使われていた建物です。

画像


 そして、2000年代に入って旅館の経営者が手放したのを切っ掛けに熱海市が買い取り、一般に公開したものです。

画像


 内田さんが建てた部分は、純和風建築で、床の間や居間の三方を回り廊下が囲み、ガラス戸は少し波打った風情ある大正ガラスがはめ込また和館「麒麟・大鳳」 を始めとした建物は中心としています。後に、旅館として改築された時には、加賀伝統の「青漆喰」・「紅殻」で群青色や紅色に塗られ、落ちついた趣の中にも和のモダンが隠された部屋を見る事が出来ます。

【太宰の泊まった、青漆喰の和館「麒麟・大鳳」の間】

 
画像


画像


画像


画像


【多くの文豪の愛した紅殻の和館「孔雀」など】

画像


画像


画像


画像



 一方、根津さんの手掛けた部分では、先ずは美しいお庭・・・、日本家屋の中に有っても違和感の無い和洋折衷の建物。そして内部は、豪華なチューダ朝様式の部屋やアールデコのサンルーム、タイルを張ったローマ風呂など、日本美術に造詣の深い・・・、青山の根津美術館のコレクションを担う根津嘉一郎さんの違う一面を見ることが出来ます。

【洋館「玉渓」・・・中世英国の「チューダー様式」に「名栗仕上げ」を取り入れたヨーロッパの山荘風の造り】

画像


【「アールデコ」のデザインを基調としたサンルーム】

画像


画像


画像


【和風の「折挙げ天井」を持つ洋館「玉姫」】

画像


【ローマ風呂】

画像


【洋館「金剛」】

画像


画像


【素晴らしいお庭】

画像


【内田さんの和風家屋】

画像


【根津さんの洋館】

画像


 さて、この起雲閣・・・、建物の素晴らしと共にそこを愛した人々の凄い顔ぶれにも驚かされます。

 山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳、三島由紀夫、尾崎紅葉・・・、近代文学史の巨人たちが挙ってここを訪れたというのです・・・

 日光・箱根・鎌倉・・・、そして、熱海・・・、東京は多くの「奥座敷」を持っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック