殆ど引分け…審判に助けられた日本代表

報ステでは手放しの喜びようだが、試合内容はそれ程褒められたものでは無かった。

 何より1点目のサウジ側ハンドの判定はかなり疑わしかった。

 その後の追加点は確かに素晴らしかった。しかし、その素晴らしさを演出したのは本田・長友・香川・・・、古い世代の選手たちだった。
 新しい世代の選手・・・、今日は力が入り過ぎていたようだ。

 その後、・・・終盤、多くの選手が痛みや疲労を感じていたようだが、交代のタイミングを探っているうちに失点。
 確かに勝ちはかちだが、得失点差で首位に立つことは出来なかった。

 但し、オーストラリアがタイと引き分けたので、2位には上がった。

 8月、ホームのオーストラリア戦までに、イラク・UAEのアウェイ戦をしっかりものにしておかないと悪夢を見る事になる。
 要するに、最終戦のサウジでの試合前に出場を決めろ!という事だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック