問題の多い高裁判決を追認する最高裁

 元々、(普天間問題も重要な争点だった)選挙に負けた前知事が、火事場泥棒のように新知事の就任までの間に承認した案件の取り消しの問題だ。 

 小法廷での判決、弁論が開かれない、この事から、憲法判断の忌避と高裁判決の追認は目に見えていたが、たった数分の言い渡しは「またも沖縄の気持ちは無視された」と云う感じがしてならない。

 高裁は普天間飛行場の危険性除去には辺野古新基地建設以外にないとする「暴論」をはいた、せめて最高裁はこれを追認するのならその理由を明らかにするべきだ。

 更に、最高裁は政治的案件を避ける傾向にあるが、沖縄県の主張する地方自治権に関する憲法判断は、これからも多くの場面で問題となる。それでも、これも忌避する。最高裁は、憲法から常に逃げ回る存在なのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック