南スーダン:撤退しなければ憲法違反

南スーダンで「戦争犯罪の可能性」=市民攻撃に警告-国連安保理(時事通信)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021200019&g=int

【ニューヨーク時事】国連安保理は10日、南スーダンで続く戦闘を「強く非難」し、即時停戦を呼び掛ける報道機関向け声明を発表した。また、市民が標的になっている事態は「戦争犯罪」に当たる可能性があると指摘し、関与した者は制裁対象になり得ると警告した。
 また、南スーダン政府が現地の平和維持活動(PKO)部隊による市民保護などの任務を妨害していると指摘した。
 市民への攻撃については「最も強い言葉で非難する」と強調。現地で市民の殺害や性暴力、民族間の暴力などが報告されていることに「深刻な懸念」を表明した。(2017/02/12-00:51)

・・・・・以上引用

 「即時停戦」「戦争犯罪」、この言葉が使われたら自衛隊は居られない。

 違憲である「戦争法案下」のPKO参加5原則でもだ。


紛争当事者の間で停戦合意が成立していること

国連平和維持隊が活動する地域の属する国及び紛争当事者が当該国連平和維持隊の活動及び当該平和維持隊への我が国の参加に同意していること。

当該国連平和維持隊が特定の紛争当事者に偏ることなく、中立的立場を厳守すること。

上記の原則のいずれかが満たされない状況が生じた場合には、我が国から参加した部隊は撤収することができること。

武器の使用は、要員の生命等の防護のための必要最小限のものを基本。受入れ同意が安定的に維持されていることが確認されている場合、いわゆる安全確保業務及びいわゆる駆け付け警護の実施に当たり、自己保存型及び武器等防護を超える武器使用が可能。

・・・・・以上PKO5原則

 どうしても自衛隊を出したいなら、もう、いい加減、誤魔化しは止めて堂々と「憲法改定」を主張して欲しい!
 全力で阻止するから!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック