木村拓哉の切株映画「無限の住人」

 「武士の一分」で重厚な演技を魅せた木村拓哉さんがまた時代劇に挑んだのだが・・・、今度は、所謂「切株映画」でした。

 別にこのジャンルの映画が、それだけでダメだとは思わないし「キル・ビル」の様な秀作も無くはないのですが・・・

 木村拓哉!そして脇に成田屋を配したにしては・・・、結局切株とヒロインの喧しい声しか残らなかった・・・私は、そう見ました。

 良い役者なんですが・・・

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック