壮絶!新旧交代ヘビー級「ジョシュアVSクリチコ」

 サッカー選手を目指したアンソニー・ジョシアが、サッカーの聖地ウェンブリーで名実ともにヘビー級チャンプになった。

 18戦すべての相手をK.O.で倒してきたロンドンオリッンピック金メダリストも、未だにクリチコと云う巨人が現役である以上は、やはりこの男を倒さなければ真のチャンプとは呼べない・・・、そう思う人も多かったと思う。
 それ程に、ウラジミール・クリチコという男は凄いチャンプだった。アトランタ五輪の金メダリスト、WBA防衛8・IBF防衛18・WBO防衛14・・・!まさにスーパー・スター!

 ウクライナの巨人は5R、若き英国のチャンプのラッシュに一旦は膝を折ったが、6Rに撃の一打!こんどはジョシュアが倒れる。
 その後、クリチコが優位に試合を進めたかに見えたが、実はジョシュアのスタミナは確実に戻りつつあった。若さとは恐ろしい。11Rゴングの直後に右ストレートがクリチコにヒット!クリチコはアウトボクシングを余儀なくされる。落ち着いて相手を見ながら攻めるジョシュア・・・、 1分半を残して最初のダウン、その10秒後2度目、それでも立ち上がる40歳を超した元チャンプ!スターの意地・・・。しかし、3度目のダウンでレフリーは試合を止めた。

 ジョシュアは18戦のうち8R以上の経験は無い。長引けば老獪な元チャンプに有利と見られたが、そうはならなかった。

 ボクシングの試合は二人の選手で作り上げて行くものだ。如何に経験豊富なクリチコと言えども、今日は挑戦者としてのボクシングをしてくれた。それが、今日のこの感動的な試合を創出した主因だろう。・・・ありがとうクリチコ・・・、という事だ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック