9条3項の加憲は安保法制合憲化が狙い

 既に自衛隊を違憲とする世論は全くの少数で有り、共産党でさえ、即座に解散とは言っていない。
 
 それでは何故、加憲が必要なのか・・・

 9条3項加憲では

 3 前項の規定に関わらず、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない場合に、必要最小限度の自衛権を行使するための組織として自衛隊を保持するものとする。

 としているが、これは安保法制に於ける集団的自衛行使の要件

 「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」

 と、密接に関係している。

 予め違憲立法を成立させ、後から憲法を変える。これを立憲主義とは言わない。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック