安倍内閣、見苦しい責任の擦り付け合い。

 加計学園問題。文科省と内閣府の責任の擦り付け合いが醜い。
 どちらかが嘘をついている事は確かだ。その当時、すでにこの様な事件になることを予見して、文科省の職員が虚偽の記載をしたとはどうしても思えない。おそらく、内閣府が責任逃れをしているのであろう。

 安倍は、行政府の責任が問われている問題であるのに証人喚問も参考人招致も・・・「それは国会(委員会)が決める事柄である」と嘯く。本来なら、国会に調査をお願いして然るべき問題である。

 どちらに責任が有るにしても、安倍内閣の中で責任の擦り付けあいが行われている以上、最高責任者は安倍である。

 文科省の天下り問題の時、その「天下りシステム」を作った当事者では無かったが、前川事務次官(当時)は責任をとって辞任した。当然である。責任者とはそういうものだ。

今、「自分の内閣」でどれだけ見苦しい事がおこっておるか安倍自身には当事者意識が欠如している。・・・そして、何よりも、文科省天下り問題の前川さんの時と違って、安倍は、自分が疑惑の当事者だという事が理解できていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック