元汚職官僚の加戸元愛媛県知事再登場の茶番

 安倍応援団達にとっては加計学園問題の本質とは全く無関係な加戸元愛媛県知事の主張が余程気に入ったのか?来週の予算委閉会中審査にも再登板の様だ。

 リクルート事件での接待漬けの末に(前川さんとは対照的に)ジャスラックに天下りし、後に愛媛県知事となったこの人だが、今問題となっている加計学園問題には殆ど無関係の人間であった。
 確かに、今治の特区指定を長い間熱望していた事は事実だが、今、次々に明らかになっている「加計ありき」の反証など全くせず、ただただ岩盤規制は酷かったの一辺倒で、多くのマスコミには無視されていた。

 しかし、安倍サイドの切り札にはこの程度の人間しか居ないのも事実だ。本当に「加計ありき」が無かったのなら、当事者の加計晃太郎こそ最も有力な証人であるはずなのに、この人の事は最後まで隠し通したい様だ。

 加戸は、恐らく、岩盤規制に対して自分がどれだけ果敢に戦ったのか自慢話に終始し、規制した側の後輩である前川氏を貶めようとするのであろう。だが、本質はそこにはない事を多くの国民は見抜いていると云う事だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック