「貴方は何処の国の総理ですか」被爆者にそう言われても無視する安倍

長崎原爆の日「あなたはどこの国の総理ですか」(毎日新聞)

https://mainichi.jp/articles/20170810/k00/00m/040/142000c

「あなたはどこの国の総理ですか」。長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長を務める川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。「ヒバクシャの願いがようやく実り、核兵器禁止条約ができた。私たちは心から喜んでいます。私たちをあなたは見捨てるのですか」

 面談は式典後に首相らが被爆者団体から援護策などの要望を聞く場として設けられている。通常は冒頭で静かに要望書を手渡すが、川野さんは「子や孫に悲惨な体験をさせてはならないというナガサキの72年間の訴えが裏切られたという思いがあった」と異例の行動に出た理由を話す。川野さんは安倍首相に「今こそ日本が世界の先頭に立つべきだ」とも訴えたが、明確な返答はなかった。

・・・・一部引用

一方安倍は、同じ日の長崎市内の記者会見で・・・

首相は、7月に国連で採択された核兵器禁止条約に日本が参加しなかったことに関し「核兵器国は1カ国として参加していない。わが国のアプローチと異なるもので、署名・批准を行う考えはない」と述べた。

・・・・時事通信より一部引用

私は、もともと核の傘という考え方は、憲法の「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という考え方に著しく反する考える。これは日本の国是である。日本の国是に合致する国際条約に加盟する事に何故躊躇するのか?被膜者や被爆地は勿論だが、そうでない一般の日本人としても「到底理解できません(長崎平和宣言より)」。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック