太宰治と言う人間を生んだ「館」

 一般には「斜陽館」と呼ばれているが、それは太宰の生家だったからであり「太宰の父・津島源右衛門によって建てられた豪邸」と言うのが正しい。

 外観は、なんだか大きな旅館のように見えるが、中に入ると和洋折衷・・・青森の特産である桧葉を惜しげもなく使った豪奢な造り。しかし、太宰はその豪邸の中で代議士夫人として忙しい母からそれ程深い愛情を注がれる事が無く育った。その事と後の太宰が辿った人生とどれ程の関連が有ったのかは定かでは無いが、小作争議に備える為と言われる・・・、日本家屋にはそぐわない刑務所の様な高い壁に囲まれた豪奢な館で、津島修治少年は何を思って過ごしていたのか?興味は尽きない。

 
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

高い塀
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック