日本映画も「まだ」捨てたもんじゃ無い「怒り」

日本映画と言えば、アニメを見ることが多くなってしまい、実写は韓国映画には敵わないと思っていたが、まだ頑張っている監督がいた。・・・「怒り」だ。

画像


 渡辺謙を「わき役」に、主役級は妻夫木聡・綾野剛・松山ケンイチ・森山未來といった、よくも揃えた!と云う男優陣。女優も負けていない、宮崎あおい・広瀬すず・高畑充希・池脇千鶴・・・

 更に、原作がピカ一の面白さ・・・、全てが揃ったところで監督はどう料理するか?これに尽きるところだが、「悪人」で或る意味「頂点」を極めたかと思われた李相日には、まだまだ無限の力が残っていた。

 これだけの男優、女優を使いながら、誰一人として消えていない演出は秀逸だ・・・、反って渡辺謙という世界的な俳優や今一番尖っていると言ってよいピエール滝が忠実に脇を演じているところが凄い!

 ストーリーも良いが、それよりも俳優の調和を見る事の幸せが感じられる映画・・・、一見の価値がある。

 李相日(りそうじつ)監督・・・、高校まで朝鮮学校で学んだこの在日三世は、実写日本映画を「救う」!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック