疾走する韓国映画。肉欲系・肉食系・腐肉食系。韓国映画を知りたければこの4本!

 現在、韓国の映画界は活況を呈している。2015年の映画館の観客動員数・・・、勿論、世界一沢山の映画を作り人口も多いインドが20憶人台、そして中国とアメリカが10憶人台。さらに、メキシコ・韓国・フランスが2憶人台で続く。
 韓国は、人口が約5.000万人・・・、一人当たりの鑑賞数で見ると、世界第2位である。

 そんな映画好きの国民に支えられ、更に海外にも輸出される韓国映画の状況・・・、それは、日本とはだいぶ違うようだ。日本での国産映画観客動員の多くをアニメーションが占めるが、韓国では殆どが実写映画・・・、それも「R」の付く大人の映画が占る。

 韓国映画の特徴は・・・、容赦ない描写!そして、映画製作が国策となっていることだ。韓国は一時期、国の予算で多くの製作者がハリウッドに勉強に行っている。さらに、映画撮影に対しては資金は勿論、ロケ地や行政機関・企業が協力を惜しまない。例えば、今公開中の「新感染」・・・韓国の国鉄Kレールは協力を惜しまない。恐らく、日本では脱線する新幹線、車内で広がる感染症・・・、これにJRの協力は得られないであろう。・・・カーチェイス・バイオレンスシーン・そして性描写まで、韓国映画は妥協を許さない。・・・作りたいものをつくり、観客は後からついてくる!これが、韓国映画のコンセプトだろう。

 そんな、2016年公開の韓国映画から4本・・・、間違いのない作品を挙げてみたい。

【肉欲系:極限のエロス「アガシ(お嬢さん)】
画像


http://eiga.com/movie/84952/video/

【肉食系:極限のバイオレンス「アシュラ」】
画像


https://www.youtube.com/watch?v=YoZScVXjFow

【腐肉食(ゾンビ)系:ミステリーだと思ったら大間違え「コクソン」】
画像


http://eiga.com/movie/86059/video/

そして・・・同じ【腐肉食系・・・、現在公開中「新感染」】(私は土曜日に行きます!)
画像


http://eiga.com/movie/86189/video/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック