不戦敗が多かった立憲民主党。早急に地方に基盤を!

 市民連合型のやり方は間違っていなかった。

 しかし、地方には候補も立てられない状況だったし、共産が孤軍奮闘している地域でも比例に立憲民主党と書いてもらわなければならない状況で、本気で応援が出来る体制も出来ていなかったであろう。

 立憲民主党・・・、野党共闘、参議院民進党との関係、旧民進党の希望の党議員、無所属議員・・・、そして、国会での活動・・・、課題は山積。

 でも、頑張ってほしい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック