国技と云う暴力の温床「反省と言う言葉を知らぬ相撲協会」

 10月26日、巡業先で幕内力士が横綱にビール瓶で殴られ、脳振とうや頭部裂傷などで一時入院。九州場所は休場。さらに、被害者の親方は巡業の責任者。

 それなのに、事件が分ったのは今日になってだという。そんなことが信じられるわけが無い。

 相撲協会は事件を隠蔽しようとしたのであろう。

 相撲は国技だそうだ。全くのお笑いぐさだ。これまで、傷害致死事件・薬物汚染・八百長問題・・・、そのつど反省した振りをしながら、横綱の暴力事件は隠そうとする。

 NHKは明日から中継を止めるべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック