不明な点が多すぎる。角界の闇。

 【頭部けがの貴ノ岩、当初は「転んだ」 日馬暴行問題】(日刊スポーツ)

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201711160000037.html

大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、ビール瓶などで殴打され、頭部にけがを負った平幕貴ノ岩関は師匠の貴乃花親方(元横綱)に対し、10月下旬に暴行を受けた当初、「転んだ」と報告していたことが15日、日本相撲協会理事の話で判明した。

 日馬富士関も師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)に暴行の事実を打ち明けておらず、双方の弟子による報告の遅れも協会の鈍い対応に影響を及ぼした可能性がある。

 2人の師匠が鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)から電話で事情を聴かれたのは3日。協会幹部によると、伊勢ケ浜親方はここで初めて事実を知り、貴乃花親方は「よく分からない」と答えたという。

 しかし、関係者によると、貴乃花親方は鳥取県警に10月29日に被害届を提出しており、つじつまが合わない部分が残る。

・・・一部引用

 確かに、転んでケガをしたしたのに被害届を出すのも可笑しいし、それほどの大怪我をしていながら巡業に参加していたのもへんなはなしだ。

 さらに、少なくとも11月の早い時期に協会は事実関係を把握していたのに日馬富士を土俵に上がらせているのも分けがわからない。

 協会は場所中なので本格的な調査を行っていないようだ。

 相撲協会という組織は、運営のほとんどを相撲O.B.が担い、数名の外部理事と華道家の池坊保子を筆頭とする非常勤の評議員(外部4名O.B.3名)が居るだけだ。良く話題に上る横綱審議委員会も理事長の諮問機関で、理事長の求めに応じて集められるもののようだ。

【相撲協会の組織】

http://www.sumo.or.jp/IrohaKyokai/rijikai/

 日本相撲協会は公益法人である。また、自らが「我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させる」と高らかに宣言している。・・・私は、必ずしも相撲が国技だとは思わないが、自らがそう思うのなら、閉鎖的な「村社会」の中に閉じこもっていたは行けないと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック