安倍、厚顔無恥とはこの事。撤回しても再調査せず。

 この男の面の皮の厚さは驚異的だ。

 設問の違う調査を二つ並べていい加減な結論を導きだし、欠陥を指摘されると、指摘した人間より、真っ先に身内に謝り、再調査をせよと言われても聞く耳を持たぬ。

 厚顔無恥とはこの事。

 更に裁量労働制によって子供の送り迎えや半日単位の休日設定によるリフレッシュ等自在な労働時間を創出出来るとうそぶく。

 こんなことはフレックスタイム制の導入で十分実施可能だ。逆に、これは裁量労働制が可能でない職場でも導入されるべき権利だ。

 また、裁量労働制が導入になっても過労死が起きないように長時間勤務者には医師の受診を義務づけると言う。安倍は、労働現場を、予めリングサイドに医師を常駐させるボクシングの試合だとでも思っているのか?定期的な健康診断以上のことが必要な労働現場等いらない。

 この不誠実な裁量労働制は断固拒否しよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック