アメリカは病んでいる?「スリービルボード」(アメリカ映画)

  ミズーリ州の田舎町エビング・・・、その道路沿いに3枚の看板が立てられる。娘を強姦され殺された母親、ミルドレッドが現地の警察に事件の解決を促す内容が大きく書かれている。

 正義のために立ち上がる強い母と、田舎の保守的な警察組織との戦い・・・、だれもそういう構図を描く。主役は3人、力強い母、やる気の無い警察署長、差別的で暴力的な警官・・・、役割は揃ったかに見えたが・・・、そうはいかない。誰もが闇を抱え、色々な意味で病んでいる。・・・よって、誰一人にも感情移入が出来ず、共感も同情も抱けなくなる。・・・結末も、「これを正義と呼んでいいのか?」と思わせる。

 暴力と素朴さが同居するアメリカ中南部・・・、トランプ支持の地域・・・。私の敬愛する町山さんは絶賛だったが、私には後味の悪さだけが残った。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック