信州製糸業の遺産「片倉館」

 信州の製糸業と言えば「ああ野麦峠」に代表される過酷な労働条件が思い出される。  確かに1日13~14時間に及ぶ長時間労働は、今、思えば立派なブラック企業だ。  そんな中、諏訪にあった片倉工業は、女工さんの教育施設や診療所・娯楽施設も備えた工場を作り、今で言えば福利厚生を充実させた会社と言われる。  その跡は、国から片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more