財務省…「エリート」としての誇りを見せろ!

 自身をエリート集団であると公言する人たちは、私たちの様な凡人からすると鼻持ちならない感じがするが、そう思うなら態度で見せてくれと思う。

 近畿財務局による所謂「改竄前文書」は、政治家個人や昭恵夫人の名前、H.P.の引用や「日本会議」という団体固有名詞が出てくる、30年も残される公文書としては異常な内容だという。これは、文科省の前川さんが挙げた「行政が政治によって歪めれた」という声と共通する・・・「悲痛な叫び」だともとれる。

 佐川さんは、どうやら証人として喚問される様だが、「元」は付くがエリート官僚としての意地を見せて欲しい。

 更に、野党は佐川さんだけの喚問だけではダメだと思ってこの機会を生かしてほしい。佐川さんを喚問するなら・・・、この問題では、もっともっと聞かなければ行けない人間が居ることを示す為の問いかけをしなければならない。
 重要な人物は、田村・迫田等の当時の財務官僚や昭恵夫人付きの谷元秘書官・・・、そして、安倍昭恵本人だ。

 そこまで行けば、安倍内閣はもたない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック