安倍の前では、人の命の、何と軽いことか。

 過労死家族の前で薄笑いを浮べていた安倍・・・、また、新たな人命軽視の事実が明らかになった。

 安倍は、以前、現行の裁量労働制に関して、指導している実例として、野村不動産の名前を挙げて、如何にも「しっかりやっている!」と自慢げに話していた。

 しかし、それは、尊い命が奪われ、その家族が労災認定を請求したから言える事であった。

 人が死ななければ監督指導が出来ない、全くの無能な労働行政も、安倍の手に架かると、それは手柄話となる。

 森友問題の文書改竄と合わせて、この男の事は、安倍捏造と呼ぶべきだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック