お客さんが戻ってきた新大久保で「チーズ・タッカルビ」を食す

 休日の新大久保、ひと頃お客さんがめっきり減ったと言われていましたが、底がたいKPOP ファンを中心に賑わいを取り戻してきました。  その新大久保で今、流行りのチーズ・タッカルビを食べてきました。  既に、三年前に本場チュンチョン(春川)で体験済みでしたが新大久保ではどうか?本場に負けないくらい美味しかったです。  最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総理に仮病を勧める自民党の幼稚さ

 「インフルエンザも流行っていることだし、罹患する手も有る」・・・、宿題をやっていない小学生の様な言いぐさ・・・、ユーモアにしても次元が低すぎる。  安倍は、韓国に行く以上は、慰安婦問題の解決を韓国側に促すつもりの様だが、いったいこの「日韓合意」とは何だろうか?  これが内容だ・・・ ①.慰安婦問題は当時の軍の関与を元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産経は沖縄2紙に謝罪すべきだ!

「米兵が救助」米軍否定 産経報道「沖縄2紙は黙殺」 沖縄県警も「確認できず」 昨年12月自動車道事故(琉球新報) https://ryukyushimpo.jp/news/entry-655697.html 昨年12月9日に産経新聞の高木支局長は、インターネットの「産経ニュース」で「沖縄2紙が報じないニュース」として、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵士を使い捨て、それでも英霊と言う欺瞞「日本軍兵士」(吉田裕:中公新書)

 最近、「本当は強かった日本軍」とか「日本軍は最強だった」「世界最強だった日本海軍」とか、何を根拠に・・・、と言う、最強伝説が散見される。しかし、本書を読むと、やっぱり大日本帝国は負けるべくして負けたことがよく分かる。  本書は、日中戦争から終戦に至る「帝国の戦争」を、軍隊の歴史・・・「戦史」として正面から捉えた歴史書である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

如何にチ・チャンウクでも容赦なし「ねつ造された都市」(韓国映画)

 「笑ってトンヘ」「ヒーラー」「蒼のピアニスト」「奇皇后」のチ・チャンウク・・・、今、売り出し中のビッグネームでも、映画となると容赦ない。徹底的に痛めつけられ、苦痛に悶え、怒りに震え、暴れまくる・・・。  イケメン俳優チ・チャンウクが好きにな人も、ただ単にハードアクションが好きな人も、容赦ない韓国映画が好きな人も・・・、一見の価値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史修正主義に痛打、「南京事件」を調査せよ(文春文庫:清水潔)

 以前放送された日テレNNNドキュメント「南京事件兵士たちの遺言」は、綿密な取材に基づいた意欲的な番組で、数々のテレビ賞を受賞した番組で有った。  その取材現場を記した【「南京事件」を調査せよ】もまた中々の力作であった。原作の清水潔氏は、写真雑誌の記者の時代「桶川ストーカー殺人事件」を追った社会部系の記者だ。その取材姿勢は、一にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人しく平昌の貴賓席に、「お座り」してな・・・安倍ちゃん!

躾のなってない坊ちゃんは、めでたい日に「金をくれてやったから文句は言うな!」って、いうつもりの様だが・・・  日韓合意は・・・ 【・・・これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする】  とあるように、日韓で協力して事業を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健闘する韓国映画「映画秘宝2017ベスト」

これが昨年のベスト15だ。 1.ブレード・ランナー2049 2.新感染(原題「釜山行き」) 3.ベビー・ドライバー 4.キングコング髑髏島の巨神 5.エル 6.ローガン 7.メッセンジャー 8.KUNO 9.レゴバットマン 10.ゲットアウト 11.ワンダーウーマン 12.コクソン 13.お嬢さん 14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯西川温泉「落武者ワンダーランド」

 日光は鬼怒川温泉から更に北上、所謂、平家の落人が暮らしていたと伝えられる湯西川温泉・・・、今回の旅の宿はそこにある「平家の庄」という旅館です。先ずキャッチフレーズが「桓武平氏ゆかりの宿」  先ずは仁王さまがお出迎え。チェックインは天狗やら獅子やら鶴等に見守れ。廊下にも数々のオブジェ・・・、部屋に入ると壇之浦から引き上げたのかきら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の奥日光

厳冬の奥日光・・・、と思ったら、結構暖かくてお天気も良くて、いい旅行になっています。 写真は、いろは坂明智平から見た中禅寺湖と華厳の滝。 そして、華厳の滝から龍頭の滝・戦場ヶ原です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MBS は正しいがMXは間違っている。

毎日放送ラジオ「沖縄基地反対は特定勢力」と発言、謝罪(朝日新聞) https://digital.asahi.com/articles/ASL1L5JTLL1LPTFC00L.html?iref=comtop_8_08 毎日放送(大阪市)の三村景一社長は18日の定例会見で、昨年末のラジオ番組内でパーソナリティーが「沖縄の基地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難民を28人しか入れない日本の首相が「杉原さんは日本人の誇り」だって!

 2016年の日本への難民申請者は、10901人だったが、認められたのはたった28人(2016年)であった。  その日本の首相が、ユダヤ難民の保護に奔走した在リトアニア日本副総領事、杉原さんを・・・  「杉原さんの勇気ある人道的行動は高く評価されています。同じ日本人として、本当に誇りに思います」と讃えた。  安倍の大好…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

改憲反対、原発即時停止は多い(共同)がそれは安倍だからかも?

 安倍政権下の改憲反対54%(共同通信) https://www.47news.jp/politics/1225953.html  共同通信社が13、14両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三首相の下での憲法改正に反対は54.8%で、2017年12月の前回調査から6.2ポイント増加した。賛成は33.0%。小泉純一郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相「ミサイルはタリンに届く」とは、頭がちとタリン発言

日エストニア首脳会談 バルト3国との協力対話創設で一致(NHKニュース)  ロシアに隣接するバルト3国の一つ、エストニアを、日本の総理大臣として初めて訪問している安倍総理大臣は、日本時間の13日未明にかけて、首都タリンの大統領府にカリユライド大統領を表敬訪問したあと、首相府で、ラタス首相との首脳会談に臨みました。 この中で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シン・ゴジラ」に比べれば「キングコング 髑髏島の巨神」は、世界基準の怪獣映画

 一昨年話題になった「シン・ゴジラ」・・・、もしも現代の日本にこの怪獣が現れたら、政治は、自衛隊は、法律は・・・、どう対処するのか?興味深い命題を突き付けていたが、所詮、ドメスティックな話し・・・、海外では全く売れなかった。  一方2014年公開のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」は、しっかり世界的なヒット作となり、現在続編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬や松陰が教科書から消える?

龍馬や松陰は不必要? 高校の歴史用語「約半分に」案(朝日新聞) https://digital.asahi.com/articles/ASL174FXXL17UWPJ003.html  大学入試で歴史の細かい用語が出題され、高校の授業が暗記中心になっているのは問題だとして、高校と大学の教員らで作る「高大連携歴史教育研究会」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争の記憶を無くして欲しいと思っても・・・

野田総務相、マニラの慰安婦像めぐり比大統領に懸念伝達(TBS ニュース) 戦争の記憶が風化しないための措置は、犠牲者に対する正しい振る舞いである。 日本でも、原爆や無差別爆撃の碑を遺す事は、死者に対する慰霊と残された者全てに対する記憶の定着という意味で意義の有ることだ。 勿論、其のモニュメントが何処に置かれるかには議論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初笑いは談春(新宿サザンシアター独演会)

 なかなか券が取れない談春師匠の高座・・・、ラッキーにも連休の最終日の券をゲットできました。  演目は、6尺棒とネタ卸の藪入りが前半の部・・・、そして後半が包丁でした。  前半の二つのネタは小手調べか?雑談を交えながら軽妙に語り、後半ではなかなかの難題とも言える包丁を絶妙のテクニックで聞かせてもらいました。  包丁の胆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年に9条を考える

今日の、【戦争止めよう!安倍9条改憲NO !2018新春のつどい】・・・、なんと言っても東大の憲法の先生、石川教授の話が良かった。  石川先生は、改憲勢力の主張を、大日本国憲法が、立憲主義と君主制、立憲主義と植民地主義、立憲主義と軍国主義をそれぞれ内包していた・・・、破滅へと向かっていった時代への回帰を目論む勢力と看破する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お屠蘇気分も抜けた頃、憲法について考えよう!

【戦争止めよう!安倍9条改憲NO !2018新春のつどい】 日時:2018年1月7日(日)14:00~16:30(予定・開場13:30) 場所:北とぴあ・さくらホールにて <入場無料、カンパあり> <JR王子駅徒歩2分/座席数1300・先着順です!> <当日手話通訳がつきます> ●ミニ・トーク「いやな空気は読みたくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方領土占領は米ソ共同作戦

ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も(道新) 【根室】1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壮大なる家庭争議「スターウォーズ Ⅷ」

 壮大なる家族のもめ事が、全宇宙的な災厄を招く話でしか無い物語。(テレビ版のスター・トレックシリーズに比べれば、何の深みも無い物語)今回は、もめ事の構図が、ルークの親父がグレてしまうEpisode Ⅵまでの話が、ルークの甥っ子がグレテしまった話に変っただけの事・・・。  40年前に見たEpisodeⅣで、理力(フォース)と呼ばれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史修正主義者の扱い方。映画「否定と肯定」

 この作品は、【アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件】という実際の訴訟事件に基づいた法廷ドラマである。  ナチスによるアウシュビッツ等で行われた所謂ホロコーストを、無かった事とする「歴史学者」アーヴィングが、彼を批判しホロコーストの真実を訴えた歴史家リップシュタットとその本を出版したペンギンブックを相手取って起こし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バブルは遠くなりにけり「バブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部」

バブルの時代のダンス・パフォーマンスが、高校生の間でブームになっている様だ。  特に、大阪の登美丘高校ダンス部のパフォーマンスは基本がしっかり出来ているだけに切れも良く、当時のお姉さん方よりもかなりレベルの高い仕上がりになっている。  ディスっている分けでは無いよう様だが、やっぱりその時代とのギャップが前提となっているのは確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原城で「サクラ ライトアップ!」

   小田原駅から10分ほど、結構立派なお城があります。その昔、東海道の宿場町で箱根の関の玄関口、小田原11万5千石、徳川譜代・大久保加賀守の居城、小田原城です。  春は桜の花の咲くこのお城・・・、冬はあまり見るものも無かったのですが、今年からサクラのライトアップが始まりました。    おっと!サクラのライトアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必死でサッカーをする様では天才とは言えない「クラシコのメッシ」

 スポーツ新聞は、何度もその見出しに「滅私(メッシ)奉公」なんて言葉を添えて、バルセロナのFWメッシを讃える紙面を作りたいのであろうがが、それは無理な話の様だ。  サッカー選手が、必死でボールを追いかけ、全力でスペースに走り込み、屈強なDF陣に何度もドリブルを仕掛けては跳ね返される姿・・・、確かに、その姿は美しいと思う。しかし、世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感情表現から身体表現へ「ザ・カブキ」(振付:モーリス・ベジャール、東京バレエ団)

 バレエ版の「仮名手本忠臣蔵」である。歌舞伎の演目の中で最も有名な忠臣蔵をバレエになおす・・・、外国人が無理やり白塗りにして着なれない着物を着て、中国風の音楽を付けてしまう「勘違い舞踊」が有るが・・・、この「ザ・カブキ」に関して言えばその心配はない。ベジャールの振り付けは、歌舞伎という感情表現劇を見事な身体表現に変換していた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力批判がカッコつけと言う人「武田鉄矢・・・、あんたが卑怯者だ!」

武田鉄矢が、安倍と食事を共にする人たちを批判する者に向かって 「カッコつけて権力批判する人は、相手が殴ってこないとわかって言っているだけの卑怯者」  と吠えているが、この人は恐らく権力を批判する人間をカッコいいと思うメンタリティーだけは持っているようだ。   だからウーマン村本にも 「笑いっていうのは格別、政治を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年は、森・加計・ペジー?安倍政治に底なしの闇!

 東京新聞望月記者 ペジー事件の捜査が政権に及ぶ可能性指摘(NEWS ポスト・セブン) https://www.news-postseven.com/archives/20171223_639190.html  ペジー事件とは、東京地検特捜部が、2017年12月上旬、スパコン開発会社「ペジーコンピューティング」創業社長の齊藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍野の水はいつも綺麗だね!

 山梨県の忍野八海。富士山は、最近雪が降ってなくて少し斑になっていましたが、忍野の水はいつも通り綺麗!相変わらず、綺麗。更に相変わらず、湧水池ではない人工の池にもたくさんの観光客が来て感動していましたが、これもご愛敬。そこのお土産物屋さんのおばちゃんが片言の中国語・・・、頑張っていました。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い!でも、綺麗!「富士吉田スカイランタン祭り」

    富士山の麓、富士吉田でランタンを上げるお祭りが初めて行われました。東南アジアや台湾・韓国ではよく行われるお祭りですが、日本では珍しいシーンです。  さすがに5時を過ぎると寒いし、初めてのイベントという事で段取りもあまりよくなく、待たされる時間の経過とともにしんしんと冷えてくる。・・・ただ、ランタンが空に浮かんだ時は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流石に望月衣塑子さんの解説は解り安い「森友問題」

「森友」国有地 売却協議の詳細判明 「9メートルまでごみ混在、虚偽にならぬ」(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017122002000134.html ・・・以下解説部分 ◆口裏合わせ はっきり記録 <解説> 会計検査院の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国のポチは首相だけでは無かった

 トランプの参謀役としてホワイトハウスを去った今でも影響力を持つスティーブン・バノン元首席戦略官兼大統領上級顧問!その男の横でご満悦なのが前民進党代表の前原である。  スティーブン・バノンと云えば、トランプ政権に於いて、一部のイスラム圏からのアメリカ入国禁止や地球温暖化防止に向けたパリ協定からの離脱といった政策を主導したとされる人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指原(AKB48)君!今、言う事では無い。それは、女の敵が言う事。

 恐らく、今、AKB48のメンバーの発言に正面から異議を唱えられるメディアは少ないのかも知れないが、流石、リテラである。  指原莉乃がセクハラ問題で「ハニートラップの可能性」発言! 男の論理を内面化する指原に聞かせたい、はあちゅうの言葉(リテラ) http://lite-ra.com/2017/12/post-3667.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変説?「ウーマン村本君政治に物申す」

 確かに珍しく時事ネタを「ブッコンデクル」芸風だったウーマンラッシュアワーだったが、台本を書く村本君のスタンスは謎であった。  例えば沖縄・・・、米軍基地問題を取り上げはするが、時に「基地は雇用を生んでいる」的な発言にも理解を示し、更に右翼新聞「八重山日報」も読んでみないと・・・、何てことを言っていた。  また、選挙ステーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今が見頃、南房総の水仙

 千葉と云ううと、ディズニーリゾート、海浜幕張地区、東京のベッドタウン、そして工業地帯というイメージが有るのですが、それも君津あたたりまで・・・、南房総や外房は本当に長閑な田畑や漁港が見られ、気候も暖かく、とっても良いところです。  そんな南房総は今水仙が見頃・・・、南房総鋸南町の「をくすれ水仙郷」もとても綺麗でした。水仙は、見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健全な世論、拙速な改憲発議に7割がNO!

 来年の改憲発議、反対7割=内閣支持42%に減少-時事世論調査(時事通信) https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121500764&g=pol  時事通信が8~11日に実施した12月の世論調査によると、憲法改正の発議を来年1月召集の通常国会で行うべきかどうかについて、「反対」が68.4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BPO 「ニュース女子」の沖縄報道をフェイクと断定「東京MX 」は重大な放送倫理違反

東京メトロポリタンテレビジョン 『ニュース女子』沖縄基地問題の特集に関する意見 2017年12月14日 放送局:東京メトロポリタンテレビジョン 放送倫理検証委員会は、「東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)『ニュース女子』が2017年1月2日に放送した沖縄基地問題の特集を審議してきたが、このたび委員会決定第27…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「森友問題」先ず個別案件の検証と処分が必要

 毎日新聞の 「倉重篤郎のサンデー時評 深層スクープ 「森友・加計学園問題」は終わらない! 元会計検査院局長が「実名」激白 https://mainichi.jp/sunday/articles/20171204/hrc/00m/070/001000d が面白い。  毎日新聞の、元会計検査院局長・有川博日本大教授…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未だ初心忘れず「新聞記者」(望月衣塑子)

官邸の記者会見で、新聞記者が注目を集めることは稀有であるが、東京新聞の望月記者は、森友・加計問題で鋭く官房長官に迫る姿で、相当に注目を浴びた。  勿論、見るものは、現政権に対するスタンスに依って、望月記者に対する見方も、賛否分かれる処であるが、ただ一つ言えるのは、通常の官房長官会見の姿を一変させたのは確かであった。  その望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more