テーマ:歴史

兵士を使い捨て、それでも英霊と言う欺瞞「日本軍兵士」(吉田裕:中公新書)

 最近、「本当は強かった日本軍」とか「日本軍は最強だった」「世界最強だった日本海軍」とか、何を根拠に・・・、と言う、最強伝説が散見される。しかし、本書を読むと、やっぱり大日本帝国は負けるべくして負けたことがよく分かる。  本書は、日中戦争から終戦に至る「帝国の戦争」を、軍隊の歴史・・・「戦史」として正面から捉えた歴史書である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史修正主義に痛打、「南京事件」を調査せよ(文春文庫:清水潔)

 以前放送された日テレNNNドキュメント「南京事件兵士たちの遺言」は、綿密な取材に基づいた意欲的な番組で、数々のテレビ賞を受賞した番組で有った。  その取材現場を記した【「南京事件」を調査せよ】もまた中々の力作であった。原作の清水潔氏は、写真雑誌の記者の時代「桶川ストーカー殺人事件」を追った社会部系の記者だ。その取材姿勢は、一にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難民を28人しか入れない日本の首相が「杉原さんは日本人の誇り」だって!

 2016年の日本への難民申請者は、10901人だったが、認められたのはたった28人(2016年)であった。  その日本の首相が、ユダヤ難民の保護に奔走した在リトアニア日本副総領事、杉原さんを・・・  「杉原さんの勇気ある人道的行動は高く評価されています。同じ日本人として、本当に誇りに思います」と讃えた。  安倍の大好…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

龍馬や松陰が教科書から消える?

龍馬や松陰は不必要? 高校の歴史用語「約半分に」案(朝日新聞) https://digital.asahi.com/articles/ASL174FXXL17UWPJ003.html  大学入試で歴史の細かい用語が出題され、高校の授業が暗記中心になっているのは問題だとして、高校と大学の教員らで作る「高大連携歴史教育研究会」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方領土占領は米ソ共同作戦

ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も(道新) 【根室】1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史修正主義者の扱い方。映画「否定と肯定」

 この作品は、【アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件】という実際の訴訟事件に基づいた法廷ドラマである。  ナチスによるアウシュビッツ等で行われた所謂ホロコーストを、無かった事とする「歴史学者」アーヴィングが、彼を批判しホロコーストの真実を訴えた歴史家リップシュタットとその本を出版したペンギンブックを相手取って起こし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目黒雅叙園で見る龍馬の生涯

 今月の目黒雅叙園百段階段では「土佐から来たぜよ!坂本龍馬展」と銘打って、高知県立坂本龍馬記念館の主催で龍馬の生涯を振り返っています。 https://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/ryoma  お馴染みの螺鈿のエレベーター降りると、先ず龍馬が「シェーク・ハンドぜよ!」とお出迎え。そして、百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海賊であることの誇り「村上水軍博物館」

 しまなみ海道に君臨した村上氏が、海賊であるか水軍であるか定義は分かれるかも知れないが、当地の人は拘らない。よくよく考えれば戦国時代など広域暴力団の縄張り争いの様なもので、領海に無断で入れば相応の仕置きが有るのは当然で、海の賊は海の警護役も担っていたようだ。それに、山賊には余りロマンを感じないが海賊という言葉には若干だがよい響きも有る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョッとだけ「首都静岡」

古郷、静岡に帰っている。写真は、此の地に有った駿府城の城址公園だ。 その昔、ほんの少しの間であるが、この城が日本の政治の中枢であった事がある。1605年から1616年の間、家康が将軍職を秀忠に譲り、「大御所政治」を行っていたのがここ駿府である。 駿府は、形の上では家康の十男、頼宣が治める50万石の駿河の国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン万次郎と明治維新

 連休に愛媛から高知にかけて旅をしたが、高知では土佐清水でジョン万次郎記念館を訪れた。 【記念館近くの少年万次郎の像】  館内では、地元の偉人を称える資料の展示が多く見られ、この人の偉業を垣間見る事が出来たが、正直、日本史の中でどのような役割を持っていたのか知らない事が多すぎると思った。また、何よりも、何故この男は、死罪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司馬遼太郎の「坂の上の雲」封印

姉から教えられた、リテラの酒井まど氏のコラムが面白い。 【安倍首相が“明治復活”旗印にする『坂の上の雲』、作者の司馬遼太郎が「軍国主義を煽る」と封印の遺言を遺していた】  http://lite-ra.com/2015/11/post-1671.html   「降る雪や明治は遠くなりにけり」と中村草田男が謳ったのは戦前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史に謙虚であると云う事は・・・

70年談話は、第二次大戦後70年に際して発信された談話で有るので、その始まりを満州事変前後とする事に異存はない処です。  しかし、談話では、それ以前にも言及をしました。以下がその表記です。 ・・・以下引用 【百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の歴史認識を質す187人の声

【慰安婦問題、海外知日派研究者187人が声明】(ビジネス・ジャーナル 江川紹子)  米国を中心とした日本研究者、歴史学者ら187人が連名で、日本側の歴史認識を憂慮する「日本の歴史家を支持する声明」(*)と題する文書が公表された。  署名者の中には、『ジャパン・アズ・ナンバー1』で知られる社会学者のエズラ・ヴォーゲル(ハーバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩摩藩外城の都市「知覧」

 江戸時代、各藩は一国一城の取り決めが行き渡り、藩主が住むところの武家の殆どが集められていました。藩士は武士であると同時に急速に官僚化してゆきましたが、薩摩藩では士族の数が多く、多くの氏族は外城という地方行政区域の中心部に集められ、その地域の行政と生活の為の農業に従事しました。  その外城を中心として出来た都市が知覧です。武家屋敷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家康公は今どこに?

 先日、ラジオで山田五郎さんが、静岡には家康の墓所である「久能山東照宮」があり、「今年は家康没後400年なのだが・・・、全く盛り上がっていない!」・・・と嘆いていました。  その盛り上がらない理由の一つとして、静岡県人の消極性・・・、良く言えば奥ゆかしさを挙げている。  五郎さんは、あるイベントで日本平を訪れた時、帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国宝 ひこにゃん城」への旅

、 初秋の彦根城は「にこにゃん」人気も手伝って大層な賑わいでした。 先ずはその「ひこにゃん」・・・!それ程興味は無かったのですが「実物?」を見ると流石「ゆるキャラ界の総帥?」と言われるだけあって・・・その「ゆるさ」は秀一!緩慢かつ最小のその動きに「まんまと」魅了されてしまいました。 その言動に共感を覚えていたみうらじゅん氏が「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三笠公園で日露戦争を考える

戦艦みかさは、日露戦争における決戦・・・、日本海海戦で活躍した旗艦です。後にワシントン軍縮条約の対象となり退役(軍縮条約の対象だったので、繋留ではなく、完全にコンクリートで固められてしまいました)しましたが、司馬さんの「坂の上の雲」の人気のせいか、いまも多くの人が訪れます。  その、三笠公園で・・・、日露戦争や竹島問題を考えてみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more