テーマ:サッカー

必死でサッカーをする様では天才とは言えない「クラシコのメッシ」

 スポーツ新聞は、何度もその見出しに「滅私(メッシ)奉公」なんて言葉を添えて、バルセロナのFWメッシを讃える紙面を作りたいのであろうがが、それは無理な話の様だ。  サッカー選手が、必死でボールを追いかけ、全力でスペースに走り込み、屈強なDF陣に何度もドリブルを仕掛けては跳ね返される姿・・・、確かに、その姿は美しいと思う。しかし、世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこよりも早い優勝予想!

 因みに、決勝はドイツとブラジル・・・、そして結果は、4年前の雪辱ならず。どうでも良い3位決定戦は、ウルグアイ。  こんな予想なら誰でもできるんですが・・・まあ、ケースカードとして見てください。 表はクリックすると大きくなるよ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4つ星のアズーリ、ミラノに沈む

 ロシア大会はイタリアのいない大会になった。  今大会の予選では、有力国のうちアルゼンチンとイタリアが苦労をしていた。・・・しかし、アルゼンチンは結局最後のところでメッシが存在感を見せて何とか出場を決めた。・・・イタリアにはメッシが居なかった。  サッカーは、やっぱり、最終的には個人で打開できる選手が必要なのかも知れない。イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後半だけなら勝っていたは、大間違い

 親善試合で、前半3:0でリードしていたら、リスクは犯したくない・・・、当然だ。ブラジルなら当たり前だ。  「ブラジル相手に全く歯が立たなかった」これが真実だろう。  現在、イタリア対スウェーデンを見てるが、2割増しのスピードと強さで展開している。ブラジルがイタリアと本大会で当たれば、同等の以上の速さと強さを見せるであろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダさえも行けないW杯:欧州予選

 前回大会3位だったオランダがロシア行きの切符をのがした。ロッベン、ファン・ペルシー、スナイデルの3人を揃えた前回大会だったが、今日のスウェーデン戦に残っていたのはロッベンのみ。彼以外にスターと呼べる選手はいなくなった。チームとしての世代交代が出来ていない。そのロッベンの活躍で2:0で勝利したが、得失点差12を跳ね返すには至らなかった・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しいね!首位通過!

アジア枠4.5はこの地域の参加国の実力的に言って、チョット多すぎるかな?と思っていたのですが、トップ通過なら文句無し!  更に浅野、井手口といった若い選手が点を取った処も良かったね。何よりも、Jリーグ選手がとったところが本当に嬉しい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨中の熱戦「マリノスvsエスパルス」

 横浜線沿線に住んでいながら、新横浜(日産スタジアム)の試合にも行かないなんて、もう一生サポーターは名乗れないと思い、豪雨の中行って来ました。  行って見れば、いつもの色、いつもの音楽、いつもの応援に包まれたゴール裏は豪雨も吹き飛ばす熱気!心地よい汗を流すことが出来ました。      サッカーは流れのスポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ48参加国の正しい振分は?

サッカーワールドカップ(ことさらサッカーとことわる事に違和感があるが)2026年大会(開催地未定)・・・ロシア(2018)・カタール(2022)・・・から、本大会出場枠が32から48に増えるそうだ。大会のレベルダウンが心配されている。これは単に参加国が増えただけではなく、その配分にも問題がある。  配分は、欧州13→16 アジア4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のダイアモンドサッカー「さよなら岡野さん!」

私達にサッカーの面白さ、そしてサッカーの凄さを教えてくれた岡野さんが亡くなりました。  今でこそ、リアルタイムでヨーロッパのサッカーを見る事が出来ますが、あの頃、夢の様なサッカーの世界は、週に一度、それも試合の半分だけ、私達の身近にやって来ました。  東京12チャンネルの金子さんと岡野さん・・・、落ち着いた二人の実況と解説は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ!鹿島!世界が見ている サッカークラブワールドカップ鹿島

クラブワールドカップ…決勝に欧州・南米以外のチームが出場したのはアフリカの2チームだけ。  全ての大陸から欧州へ欧州へと選手が流れて行く。日本も例外では無い。Jリーグに残った選手は若手かベテランだけ? しかし、鹿島は南米王者に快勝し、今日、あのレアルと戦う。  1974年ワールドカップ西ドイツ大会、カイザー・ベッケンバウアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やったね!清水J1返り咲き:チョン・セテJ2MVPだ!ありがとう小林監督!

 先制して、追いつかれ、そしてまた引き離し。一方、2分割の画面では、やっぱり松本が一進一退の展開・・・。本当に心臓に悪かったです。  それにしても小林監督・・・、好調そうに見えた元気くんを金子君に代え、その金子君が決勝ゴール!テセ君も、得点こそ無かったのですが、決勝点のアシスト!素晴らしかったです。  来年は・・・、優勝なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水J1復帰なるか?

 ここまで、一喜一憂することなく、極力日記には書いてこなかったが、今日は違う。  今年、名古屋がJ2降格になり、Jリーグ発足当時から一度も降格していないチームは、鹿島と横浜マリノスだけになった。だから清水が降格していても不思議な事ではない。しかし、東京ベルディーやジェフ千葉のようにJ2に「定着」してしまうのも困るし、大分の様にJ3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殆ど引分け…審判に助けられた日本代表

報ステでは手放しの喜びようだが、試合内容はそれ程褒められたものでは無かった。  何より1点目のサウジ側ハンドの判定はかなり疑わしかった。  その後の追加点は確かに素晴らしかった。しかし、その素晴らしさを演出したのは本田・長友・香川・・・、古い世代の選手たちだった。  新しい世代の選手・・・、今日は力が入り過ぎていたようだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U17女子W-CUP 決勝 日本0:0北朝鮮 

常々言っている事だが、死力を尽くして戦った2チームに対して、最後に与えられるのはペナルティー(PK戦)で有る事は、実に失礼な話である。  PK戦は、引き分け試合に於いて、次に進むチームを決める為に、抽選の代わりに行われるセレモニーでしかない。  勿論、公式記録も引分けである。  今日のリトルなでしこ・・・、サッカーに判定が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決めたのはJ2

ミラン?レスター?インテル?ドルトムント?・・・決めたのはJ2だ!良いぞ!ホタル!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー…多少の消化不良はあるが…

 先ずは勝って良かったですね。  日本は現在3位・・・、もう「初戦を落としたチームは行けない」なんて話はどうでも良いのですが、やっぱり2位以上で終わるためには、もっと決定力をつけなければ行けないでしょう。  UAE、サウジ、イラクでのアウェイをどう戦うのか心配ですが、先ずはホームで行われる10月11月のイラク・サウジ戦、10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画像判定の必要性

ICチップボールは、クラブWカップの時は採用になっていのに、Wカップでは使っていないようだ。  常に蹴られ、踏みつけられるボールにICチップを埋め込む事は信頼性が得られない・・・、確かにそうかもしれないが、それならゴールにカメラを配置して画像判定する「ホークアイ」の導入はどうだろうか?  テニスや野球・バレーボールで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはりホームは強かった・・・でも

フランスとの差は相当あった。・・・アイスランドは何とか2点を入れたが5点を取られたら勝てない!  ただ、嬉しかったのはグジョンセン!チェルシーやスパーズ・・・、そしてバルサにも在籍したスーパースターも、アイスランドの所属という事で、Wカップやユーロで見る事が出来なかった。しかし、今日はその雄姿を見る事が出来た。  思えば、ギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッフォンとノイヤーならPK戦も面白い

結局、イタリアとドイツはPK戦まで縺れ込んだ。  PK戦は基本的にサッカーでは無い。公式記録は引き分け!しかし、次に進むチームを決めなければ行けないので行われる儀式である。    120分間戦い抜いた両チームに与えられた儀式が「ペナルティー」と呼ばれるものである事に大いなる違和感を感じるところだが・・・、今、考えられる世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準決勝の一組はウェールズ:ポルトガル

 登り調子のベルギーは、ウェールズを格下と見ていただろう(ベルギーはFIFAランキング2位、昨年末は1位だtった)。しかし、ウェールズはレアルのベイルと云うスターの基でその他の選手も輝いた。  前半13分、ベルギーの素晴らしい先制弾(ナインゴラン)が決まった時は、少し早いけれどやっぱりベルギーか?と思ったが、31分のコーナーキック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「信じられない」イングランド「やっぱり」スペイン

恐らく、離脱に投票した人も・・・「本当にEUから出て行くの?」という思いだったのだろう・・・先週  そして、今夜は・・・、「本当にアイスランド(なんか)に負けたの?」という思いだったのだろう。  青いユニホームのアイスランドは・・・、これはアズーリ(イタリア語の青=イタリアチームの愛称)?と思う様な素晴らしい守備で自分のゴー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弱小国」の頑張り!ユーロ2016

 24ヶ国の参加チームから16ヶ国を選ぶリーグ戦・・・、強い国を選ぶと言うよりは、弱い国を落とすリーグ戦と言えるが、大会前・・・、その弱い国に入れられていた国々が、しっかりとベスト16に残ってきた。  特に今朝のアイルラインド・・・、強豪イタリアに怯む事無くカテナチオをこじ開けた!  ベスト16に残ったチームにこんな名前があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強豪も苦戦ユーロ2016

フランス・ドイツ・イタリア・イングランド・スペイン・・・5ヶ国の初戦を見たが、楽勝の国は無かった。  その中でも、ドイツとイタリアは守備が光った!ノイアーとブッフォン・・・、二人のキーパーがしっかりとゴールに鍵を掛けた。  もう一人、チェコにもツェフという凄いキーパーが居るが、或る程度DFが機能しないと難しい。ツェフもイニエスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーは人種を越える・・・ユーロ2016フランス大会

サッカーのヨーロッパ選手権は、あのテロ事件があったサン・ドニで始まった。  開幕戦は、フランス:ルーマニア・・・、ルーマニアの粘り強い守りと力強いカウンターに悩まされ、フランスは苦戦。1:1の引き分けかと思われた後半43分、パイエ(ウエストハム)のゴールで逃げ切った。  ゴールを演出したのは、全てアフリカ系の選手。コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そう簡単には勝てないね

ブルガリア戦に比べて、相手は段違いに強かった。点差以上の実力差だった。  デカくて、早くて、足元もまずまずのチームにかかると、やっぱり振り切られる場面が多く見られる。特にセンターバックが大きな課題!  せめてもの救いは、香川・本田抜きだったこと・・・  でも、このチーム(ボスニア・ヘルツェゴビナ)・・・、ユーロでは予選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷静に見ても凄い試合でした

夜、遅かったのですが、興奮冷めやらず、5時半に起きて、VTRを見返しました。  やっぱり、浅野選手が入るまで、韓国の方が「巧い」「早い」「強い」の3拍子揃ったサッカーをしていました。  ところが、浅野選手が入った20分過ぎ、原川選手の中央突破からマイナス気味の浅野選手へのセンタリング・・・、これが良かった!まだ、やれると思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張ったね!U23

 準々決勝と違って、延長にはなりませんでしたが、終了間際の決着でしたね。何にしても、この大会はリオへの切符を手にする事が最大の目的でしたから、その点は良かったですね。  それでも、高さや強さへの対応や連携で課題が有る様な気もしました。  そして、決勝戦の相手が決まりましたね。  韓国も、日本と同じく、終了近くの得点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグ・チャンピオンシップ放送について

ガンバVSサンフレッチェの一回戦…、TBSの放送に批判が集まっている。  【JリーグCS決勝第1戦、わかりにくい地上波TV中継に批判相次ぐ(Yahoo!ニュース:フットボールチャンネル)】  試合は一進一退の攻防が続き、後半アディショナルタイムに広島が2ゴールを奪って逆転勝利を収める、非常にエキサイティングなものだった。しか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ソウルWカップ公園は良い!

 日韓Wカップの開会式が行われたソウルワールドカップスタジアム・・・、新横浜の決勝戦が行われた日産スタジアム(横浜国際)を知る者にとっては、うらやましい限だ。  決定的な違いはサッカー専用スタジアムで有る事だが、それ以外にも立地の面でもかなり差が有る。  先ず、地下鉄の駅からのアプローチだ・・・、スタジアム駅の大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more