テーマ:

東京の桜「千鳥ヶ淵」

 北の丸「千鳥ヶ淵」の桜は3分咲きといった処でしょう。それでもとても綺麗でした。  軍人さんを勇ましく祀ってあるデカい鳥居のお社は、お好きな方にお任せして、静かに、どんな宗教の人でも…無宗教の人でも祈ることが出来る「戦没者墓苑」にも行って来ました。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の桜「新宿御苑」

 先ずは新宿御苑・・・ここには多くの種類の桜があるので、満開のものから咲きはじめまで・・・、長く楽しめるのが特徴です。  外国からのお客さまの多いのが嬉しいですね。さらに、ここはお酒の持ち込みが禁止!何と、入り口で手荷物検査があります。  更に、格安駐車場も・・・、今日は、8時が駐車場の開門なのですが、東名の渋滞で到着は8:30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イルカは良いね!「江ノ島水族館」②

 江ノ島水族館のもうひとつの「メダマ」はイルカのショー・・・、このイルカ達は「一芸」の度に餌を貰う様なマネはしません。連続した一つのストーリーを人間と共に作り出す出演者です。   ウミガメもいます! この春から、圏央道が茅ヶ崎方面に伸びたので、家からも大幅時間短縮!・・・帰りには、辻堂のテラスモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海月はいいネ!「江ノ島水族館」①

 今日は大山に行こうと思っていたのですが、お天気があまり良くないので、「江ノ島水族館」に行って来ました。天気が悪くても、暑くても、寒くても・・・水族館関係なし!・・・良いですね。  子どもの様に、イルカのショーに感激し、そして海月(くらげ)癒されて来ました。  水族館は、江ノ島に渡る橋のすぐそば・・・、江ノ電や小田急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原「曽我梅林」は満開間近!

 神奈川県小田原市の曽我梅林は、もうすぐ満開!ここの梅は、多くが実を採るための梅の木ですが、中には枝垂れや濃い色の「紅梅」もあってとても綺麗!  今日は、富士山もくっきり見えて、素晴らしい観梅日和になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟「産直のスター達」

 新潟市内、新潟日報本社ビルの横を信濃川の河口に向かって歩いてゆくと市場が見えてきます。鮮魚や肉・野菜何でも揃うこの市場・・・、野菜販売のエリアは、農家の情熱が溢れる!  顔の見える産直・・・、ここに極まりです。この人達の作ったものなら安心かも!・・・「雪蔵人参!」本当に甘かった!
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本の底力はこんな所にあるのでしょう「燕三条の地場産業」

 燕市と三条市の洋食器や刃物・工具を展示即売しする「燕三条メッセピア」に行ってきました。  スプーンやフォークといった小物から、包丁やナイフといった調理器具、床屋さんの鋏、さらにチタンを磨き上げて作った芸術的なゴブレット・・・お安く売ってるここでもゼロが3つから4つつきます。  さらにペンチやドライバーといった工具や鋤・鍬と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然と社が一体化するとパワーが生まれる「弥彦神社」

 弥彦神社は北陸自動車道「三条燕インター」から30分程の所にある、越後の国の一宮です。  祭神は、神武東征の時、この地域を従えた天香山命 (あめのかごやまのみこと)と言われていますが、そんな伝説よりは、弥彦山を神体としていると言ったほうが説得力がありますね。    戸隠神社に行った時も思ったのですが、自然を借景した社は、自ずと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟市の顔・・・信濃川に架かる「萬代橋」

 萬代橋は、1929年(昭和4年)6月に竣工した、6つのアーチを連ねる鉄筋コンクリート橋で、橋長306.9m、幅員22.0mの新潟のメインストリートです。橋脚の側面には、御影石(花崗岩)の化粧板を施した堂々たる風格を保ち、戦災や新潟の大地震にもよく耐え、現在に至っています。  国指定の重要文化財は当然です! 【アーチの多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日は新潟県村上市に来ています

 村上は、新潟県最北端の町です。その昔、村上藩の城下町だったところ。我が家からは、圏央道~関越~北陸~日本海東北自動車道を通って4時間半の道のりです。  笹川流れと呼ばれる豪快な日本海の風景と城下町の風情が心地よい町です。 【笹川流れ】  名物は、鮭!「塩びき」と呼ばれる製法は独特・・・、工場の室内に寒風を通し、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桐生の伝統的商家「矢野商店と有鄰館」

 群馬県桐生市の中心部に、有鄰館と呼ばれる江戸時代から続く商家の倉庫群があります。 一部は、喫茶店に、倉庫はイベントホールに使われたり、とても素敵な空間を作り出しています。 絹織物で栄えた桐生の町の往時が偲ばれます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棟方 志功さん縁のお店は奇々怪々の創り!

 群馬県桐生市に「芭蕉」という名前の洋食屋さんがあります。このお店は、坂口安吾さんや棟方志功さんといった文化人が集まった所・・・、それにしても店の造作が何とも奇妙!わざと入り組んだ客席に、色々な民芸品や、さりげなく棟方さんの作品が・・・、なかでも目を引くのは、馬と天女を描いた「壁画」!・・・、しかし、この壁画・・・、実は55年間も漆喰に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬の温泉に行ってきました!

 群馬県は、草津・伊香保と大人気の温泉がありますが、今回は新潟県にも近い四万(しま)温泉に行って来ました。 派手さは無いのですが、さっぱりた癖の無いお湯は秀逸!・・・温泉の中には、千と千尋の神隠しのモデルにもなった、「積善館」もあります。  温泉はやっぱり冬に限りますね! 『積善館』(トンネルは、まるで異界への入り口のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨年のベストフレーズ「抜け目なく」

 昨年、私が聞いた面白いフレーズNo1・・・  大分県宇佐神宮の、お土産物と食堂を併設した・・・良くあるタイプのお店・・・。 頼んだ食事を待っているていると、店員さんが笑顔で、漬物やご飯のおかずになるようなものを6種類、小皿に入れて持ってきた・・・、そこで一言・・・  「これ、抜け目なく・・・あちらで売っています」・・・そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の東名大渋滞

 1月2日といえば、普通ならまだまだ渋滞なんて起こらないはずなに、ゆきと「御〇場アウトレット詣」のために朝から大渋滞!  「正月早々・・・、出てくんなよ!」と、出てきた私がぼやきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明けましておめでとうございます」新年はカピバラの入浴シーンから

 伊豆シャボテン公園のカピバラです。  寒さに耐えながら、カピバラが気持ち良さそうに入浴している処を見る人間・・・、馬鹿ですね。それも、2度目の私は、もっと馬鹿ですね。   帰りには、雪景色になっていました。(大磯付近)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

師走の東京(お台場)

   浅草とは打って変わって、お台場の師走は少し人出は少な目・・・、でも、ライトアップされたレインボーブリッジがとっても綺麗でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014 best bridge 

 今宵は、今年見に行った橋の中からベスト5を記憶しておきます。 ①北海道糠平のタウシュベツ橋梁 ②山口県角島大橋 ③大分県耶馬溪橋 ④大分県沓掛橋 ⑤大分県鳥居橋
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父・夜祭・露天風呂③

 秩父と言えば「夜祭」・・・、今月のはじめにお祭りは終わっていて、神社は既にお正月モードでしたが、「まつり会館」には、大きな二基の山車と、祭の様子を伝える映像が流れたりして・・・、結構楽しめました。  いつか、夜祭にも・・・、そう思いました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父・夜祭・露天風呂②

 赤谷温泉は、秩父からもう少し山間に入った国道沿いにある温泉です。最近は、泊まれば「うん万円」といった温泉旅館が、昼食と温泉だけの気軽なパックを売り出していて、結構これが良い感じです。  今日は、囲炉裏を囲んでアユの塩焼きや鍋料理をお腹いっぱい食べて、温泉にも食前・食後に浸かって・・・、とても幸せな気分になりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父・夜祭・露天風呂①

 圏央道が東名から関越に向かって繋がって、秩父へも神奈川県県央地区から行き易くなりました。  今日は、朝早く自宅を出て、秩父の「名橋」・・・新旧の「秩父橋」・・・赤谷温泉・・・秩父祭会館・・・、と巡って来ました。  「秩父橋」は、昭和初期に出来たコンクリート・アーチ橋(現在は歩行者のみ)と、1985年に出来た斜張橋(ハー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「禁煙は韓国に学べ!」ってね。

昔、「農業は大寨に学べ、工業は大慶に学べ」と云うスローガンが有り、その内情はトンデモナイ失敗だったという歴史が中国に有りましたが、今回の韓国の禁煙は本気の様ですね。  「韓国、来年からすべての飲食店で禁煙」(中央日報)  来年1月1日から韓国内のすべての飲食店で喫煙が禁止される。 韓国保健福祉部は11日、現在100平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のんびり富士山を見ながら「御胎内温泉健康センター」

 チョット変わった名前ですが、ごれは近くに「溶岩隧道御胎内」とう洞窟めぐりが出来る所があるからです。  雲の合間から時々見える富士山が素晴らしい、とっても綺麗な温泉です。  御殿場の人は毎日こんなに大きな富士山を見て暮らしているんですね。羨ましいです。  暮れの喧騒から逃れて、都内の方・・・、日帰り温泉!良いですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新富士川橋(しんふじがわばし)

 新富士川橋(しんふじがわばし)は、新東名高速道路の富士川に架かる橋梁で、鉄骨とコンクリートの組み合わせで、橋の両岸から少しずつ橋を伸ばして行き、真ん中で一つにする「送り出し工法」で作られています。    ご覧の通り、橋脚が川の中に無いアーチ橋です。上下線がシンメトリーを形作る姿は大変優美です。  橋は多くの場合、渡っている時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立川昭和記念公園の秋

 国営昭和記念公園は、米軍立川基地の返還によって出来た公園で、JR立川駅から至近の距離にあり、四季折々の風景を魅せる素晴らしい都市型公園です。  但し、やっぱり紅葉シーズンは人出も多く、マイカーで訪れるなら、8:45までには公園の駐車場に並んだ方が良いでしょう。  園内は、広く、廻り方としてはレンタサイクルを利用するのが一番…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宇佐市院内の石橋

   今回の旅行のハイライトです。  大分県宇佐市院内地区には、江戸時代から現在まで使われている多くの石橋が残っています。  九州には、この様な石橋が多く残り、熊本や長崎にも有名な橋があります。  この院内には、実に70を超える石橋が実存します。代表的な橋を紹介します。    先ず、これは打上橋(うちあげばし)1963年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城下町「杵築」

 杵築は良い所・・・でも時間が時間が無くて残念!  2泊3日大分の旅・・・、最終日は盛りだくさん・・・、「耶馬溪橋」「青の洞門」「宇佐神宮」「国東のお寺巡り」そして最後に「杵築城下町」・・・正直、これは無理でした。  杵築は、大分空港と別府や大分・湯布院へ行くときに通る城下町・・・今度はゆっくり回りたいです。 写真は、杵築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根性のトンネル「青の洞門」

青の洞門は、大分県耶馬溪、山国川に面してそそり立つ競秀峰の裾にあるトンネルです。長さは約342m、うちトンネル部分の延長が約144mです。ただ、現在の洞門は、当時からは大きく変化しており、明治40年には、ほぼ現在の洞門に近い形状で拡張工事が行われています。旧道は今、明り採り窓や、洞門の一部を残すのみです。  洞門の建設は、江戸時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝靄の「湯布院」

 四方を山で囲まれた由布院は、朝夕の寒暖差が大きいと霧が湧き、時に雲海となる事が有ります。  15日の朝は、雲海にはなりませんでしたが、朝霧が見られ、とても良い雰囲気でした。  高い山は「由布岳」です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しいアーチ橋

耶馬溪の山国川に掛かる「耶馬溪橋」は、大正時代に出来た石橋で、日本で唯一の8連アーチ橋で、最長の石橋です。 全長は100m以上、何とも美しい曲線美をかもし出しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more