テーマ:映画

アメリカは病んでいる?「スリービルボード」(アメリカ映画)

  ミズーリ州の田舎町エビング・・・、その道路沿いに3枚の看板が立てられる。娘を強姦され殺された母親、ミルドレッドが現地の警察に事件の解決を促す内容が大きく書かれている。  正義のために立ち上がる強い母と、田舎の保守的な警察組織との戦い・・・、だれもそういう構図を描く。主役は3人、力強い母、やる気の無い警察署長、差別的で暴力的な警…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健闘する韓国映画「映画秘宝2017ベスト」

これが昨年のベスト15だ。 1.ブレード・ランナー2049 2.新感染(原題「釜山行き」) 3.ベビー・ドライバー 4.キングコング髑髏島の巨神 5.エル 6.ローガン 7.メッセンジャー 8.KUNO 9.レゴバットマン 10.ゲットアウト 11.ワンダーウーマン 12.コクソン 13.お嬢さん 14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シン・ゴジラ」に比べれば「キングコング 髑髏島の巨神」は、世界基準の怪獣映画

 一昨年話題になった「シン・ゴジラ」・・・、もしも現代の日本にこの怪獣が現れたら、政治は、自衛隊は、法律は・・・、どう対処するのか?興味深い命題を突き付けていたが、所詮、ドメスティックな話し・・・、海外では全く売れなかった。  一方2014年公開のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」は、しっかり世界的なヒット作となり、現在続編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壮大なる家庭争議「スターウォーズ Ⅷ」

 壮大なる家族のもめ事が、全宇宙的な災厄を招く話でしか無い物語。(テレビ版のスター・トレックシリーズに比べれば、何の深みも無い物語)今回は、もめ事の構図が、ルークの親父がグレてしまうEpisode Ⅵまでの話が、ルークの甥っ子がグレテしまった話に変っただけの事・・・。  40年前に見たEpisodeⅣで、理力(フォース)と呼ばれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史修正主義者の扱い方。映画「否定と肯定」

 この作品は、【アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件】という実際の訴訟事件に基づいた法廷ドラマである。  ナチスによるアウシュビッツ等で行われた所謂ホロコーストを、無かった事とする「歴史学者」アーヴィングが、彼を批判しホロコーストの真実を訴えた歴史家リップシュタットとその本を出版したペンギンブックを相手取って起こし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堂々のグランドホテル・スタイル「オリエント急行殺人事件」

 原作も読み、監督:シドニー・ルメット、出演:ショーン・コネリー、イングリッド・バーグマン、ローレン・バコール、ジャックリーン・ビセット等々・・・、大スターを擁した1974年版を見ている者にとっては、「ケネス・ブラナーさん!お手並み拝見」と言った処だったが、流石にシェークスピア作品を多数手がけていただけあって、最新の映像技術を使いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白く、やがて悲しい「密偵」(韓国2016)

 今夜は、新宿御苑近くで忘年会。少し時間があったのでシネマート新宿で韓国映画を観ました。  主演はソン・ガンホ、そしてコン・ユ、ハン・ジミン、イ・ビョンホン、日本から鶴見辰吾。時は植民地時代の朝鮮、日本の警察と反日武装集団「義烈団」の暗闘を描きます。  話の胆は、ソン・ガンホ演じる朝鮮人日本警官は果してどちらの側の人間か?・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「僕は明日、昨日のきみとデートする」

 SFやファンタジーを楽しめるか否かは、ある程度の無理を承知でその世界を身を置くことが出来るか否かにかかっている。  特に、タイムスリップものは、時間にに関する約束事を受け入れられるか否かが大切だ。  「僕は明日、昨日のきみとデートする」は少し面白い設定のもとに出来ているファンタジーである。この映画をSFの範疇に入れている映画サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「天使にラブソングを」(渋谷シアターオーブ)

 渋谷シアターオーブ5周年記念のブロードウェイミュージカル「天使にラブソングを」である。  この作品は、25年前にウーピー・ゴールドバーグの主演で大ヒットした同名映画のブロードウェイ版である。ストーリーはそのままに、音楽をディズニー映画(「美女と野獣」「アラジン」など)で数々のヒットを飛ばしたアラン・メンケンが担当し、プロデュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ブレードランナー2049」

  人は何処から来て何処へ行くか?お前は何者か?正統派SFのテーマはここに極まる。  人為的に寿命を短く設定されたアンドロイド(レプリカント)が反乱を起こす。そのレプリカントを狩る側のブレードランナー=デカード(ハリソン・フォード)は、一風変わった美しいレプリカントを愛するようになる。  そのレイチェルと言う名のレプリカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰安婦訴訟「朝日勝訴と書けない産経の珍妙な見出し」

所謂、反朝日新聞勢力が提訴した「朝日新聞慰安婦訴訟」。  私自身、この件に関しては朝日は猛省すべきだし、このいい加減な「吉田証言」なるものが、後の河野談話などに反映されなかった事は本当に良かったと思う。  【菅義偉官房長官は、2014年10月3日の衆院予算委員会で、「慰安婦」問題で日本軍の関与と強制性を認めて謝罪した河野洋平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応用問題に強い韓国映画「エンドレス繰り返す悪夢」

 エンドレス・タイムリープ物と言えばビル・マレーの「恋はデジャブ」やトム・クルーズの「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を思い出すが、この「エンドレス繰り返す悪夢」はタイムリープする登場人物が3人!それぞれがそのれぞれの抱える問題を「解決」する為に、それぞれの事情を絡み合わせながら同じ時間を繰り返す。  3人の人間の問題が解決しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本映画も「まだ」捨てたもんじゃ無い「怒り」

日本映画と言えば、アニメを見ることが多くなってしまい、実写は韓国映画には敵わないと思っていたが、まだ頑張っている監督がいた。・・・「怒り」だ。  渡辺謙を「わき役」に、主役級は妻夫木聡・綾野剛・松山ケンイチ・森山未來といった、よくも揃えた!と云う男優陣。女優も負けていない、宮崎あおい・広瀬すず・高畑充希・池脇千鶴・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆笑アクション映画「ラッキー」(シネマート新宿)

 人生が入れ替わってしまった売れない役者と凄腕の殺し屋の話と言えば、香川照之と堺雅人の「鍵泥棒のメソッド」・・・、この映画はその原作の正式なリ・メイク。  主人公、ヒョンウクを演じるのが韓国映画に欠かせない名バイプレーヤー、ユ・ヘジン・・・!まあ、日本で言えば松重豊や寺島進のような役者が完全なる主役を演じる。そして、全くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期待通り!一流の娯楽映画「釜山行き(新感染)」

公開一週遅れで見ることが出来た。・・・評判に違わぬ、第一級の娯楽大作だった。  日本を含め、数々のゾンビ映画作られてきたが、その出来は映えは群を抜いている。技術が良い!ストーリーが良い!俳優が良い!  私的には、多くのゾンビ映画と共に76年に公開された列車パニック映画の秀作「カサンドラエクスプレス」を思い出すものでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疾走する韓国映画。肉欲系・肉食系・腐肉食系。韓国映画を知りたければこの4本!

 現在、韓国の映画界は活況を呈している。2015年の映画館の観客動員数・・・、勿論、世界一沢山の映画を作り人口も多いインドが20憶人台、そして中国とアメリカが10憶人台。さらに、メキシコ・韓国・フランスが2憶人台で続く。  韓国は、人口が約5.000万人・・・、一人当たりの鑑賞数で見ると、世界第2位である。  そんな映画好きの国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画「哭声/コクソン」怪演!國村準!!

『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホジン監督、2016年の韓国映画です。謎の日本人を國村準さんが好演し、韓国で最も権威のある映画祭「青龍映画賞」の助演男優賞に輝いた作品・・・  韓国の寒村、「谷城」(コクソンと読むが、この発音は「泣き叫ぶ」意味の言葉と同じ)で起こる猟奇連続殺人事件・・・、冒頭はミステリー・タッチで始まり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』(渋谷:ユーロスペース)

 瀬長亀次郎・・・、日本共産党の代議士として7期20年に渡って活躍した沖縄県選出の政治家である。初当選は1970年、沖縄がまだ米軍の執政下に有った頃、本土復帰を前提として実施された選挙である。その当時の所属政党は沖縄人民党・・・、日本共産党と無関係では無かったが、共産党が認められない米国執政下に於いて、共産主義政党と云うよりは民族主義政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。軌道修正。

新海監督。潔く、Blu-ray・DVD盤で軌道修正をしました。  軌道修正?そう、文字通りの軌道修正です。theater版では、太陽系に入って来るティアマト彗星が、太陽の手前で折り返してしまうというミスを犯してしまっていたが、Blu-ray・DVD盤ではしっかり太陽を回り込んで出て行く軌道に変っていました。  このア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村拓哉の切株映画「無限の住人」

 「武士の一分」で重厚な演技を魅せた木村拓哉さんがまた時代劇に挑んだのだが・・・、今度は、所謂「切株映画」でした。  別にこのジャンルの映画が、それだけでダメだとは思わないし「キル・ビル」の様な秀作も無くはないのですが・・・  木村拓哉!そして脇に成田屋を配したにしては・・・、結局切株とヒロインの喧しい声しか残らなかった・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ライオン~25年目のただいま~」(豪州・英国・米国)

 年間8万人の子供たちが行方不明になる(作品より)というインド・・・、25年前にインドの片田舎で兄と一緒に職探しをしていた5歳の少年サルーは、回送電車の中で眠ってしまい、遠く離れた大都会コルカタに運ばれてしまう。  ストリート・チルドレン狩りや誘拐の危機を乗り越え、何とか孤児院に入り、そこからオーストラリアの夫婦の養子に・・、しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「64」映画とドラマ

 どちらが面白いか?と、思って見たが、両方面白かった。  物語は、たった数日しか無かった昭和64年。その最後の日に不幸な結末となった少女誘拐殺人事件・・・、その捜査にあたった捜査官と被害者の父親、そして操作時に不祥事を起こした元警官等々・・・、時効を前に新たな展開を見せる。  主役は、テレビ版(NHK)がピエール瀧、映画版が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 韓国映画「あなた、その川を渡らないで」美しい夫婦の物語

 韓国北部、江原道横城郡(カンウォンドウフェンソン)にある小さな村古時里(コシリ)。そこに暮らす98歳(夫)と89歳の老夫婦・・いつも仲良く、綺麗な韓服を着て、手を繋いで歩く姿が、村の風物詩となっている。そんな夫婦の暮らしをドキュメンタリーで描いた作品「あなたその川を渡らないで」  美しい江原道の自然と貧しくとも、思いやり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やり過ぎこそ韓国映画の真骨頂「お嬢さん(アガシ)」

 「JSA」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」のパク・チャヌク監督。造形も、演技も、ストーリーも・・、この映画に妥協という言葉は皆無だ。  植民地時代の韓国、或る華族の家の秘められた淫靡な世界を舞台に、剥き出しの欲望の中から生まれる純粋な情愛をキム・ミニと新人のキム・テリが文字通り体当たりで演じる。     【衝撃のビ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画賞レース!怪獣とアニメが圧倒

昨年の映画賞レースは、「シン・ゴジラ」と「この世界の片隅で」のに作品が他の作品を圧倒した形になった。 その中でも、最も辛口の審査で知られた「映画芸術」が「この世界の片隅で」を挙げたことが印象的だ。 一方、興行的には最も成功をおさめ海外の評価も高かった「君の名は。」は賞取りレースでは振るわなかった。 以下は主だった映画賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも韓国人は日本が好き!

旧正月の海外旅行 今年は日本など近距離方面増加=韓国(朝鮮日報) http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/13/2017011301030.html インターネット旅行大手インターパークツアーでも、日本行きや東南アジア行きの航空券の予約率が高い。12日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キネ旬、久々にアニメをNo1に選出「この世界の片隅に」

 1988年の「となりのトトロ」以来、久々にアニメがベスト1に選出されました。  一方、「君の名は。」はベスト10にも選ばれず。・・・まあ、評論家は、ここまで人気の出た作品を選ぶわけに行かないと云うへんなプライドが邪魔をしたのかも知れません。でも、10本の中にも入らなかったのは驚きでした。  それはさて置き、やっぱり、良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重い差別問題をさらりと描く「あん」

「この世界の片隅に」もそうだったが、重い現実を何気ない日常に投影する手法が、心の奥底に滲みこんでゆく事が有る・・・、そんな映画が「あん」であった。  小さなどら焼き屋さんを営む主人公・・・、カワは上手に出来るのだが肝心なあんに自信が無く、業務用で誤魔化す。店のお客もボチボチの入り・・・  そんな時、アルバイトの求人にこたえる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

正月映画「ドントブリーズ」

 確かにカルトムービー好きには美味しい映画だった。町山さんやライムスター宇多丸さんが絶賛するのも頷けるが、ひとに勧められるか?といえばそんな勇気は無い。  主役は退役軍人の盲目の老人。彼の家に若い3人組の強盗が入るのだが、老人は盲目であることを逆手にとって、強盗達に反撃を加える。  ここまで聞くと、ヘップバーンの「暗くなるま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地巡礼…新宿御苑「ラ・ボエーム」

 映画「君の名は。」で、主人公の瀧君がアルバイトをしていたイタリアンレストラン・・・、モデルはこの「ラ・ボエーム」。  この日も、11:30の開店には多くの人の行列(私もその一人)が・・・、余裕をもって食事をしたかったランチでの予約がお勧めです。  お店は、高い天井にモダンな照明器具とシーリングファンがオシャレな良い雰囲気!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more